阿鼻叫喚!『日向坂46』の深夜ラジオで放送事故「赤ちゃん選手権は地獄」

日向坂46 

(C)まいじつ 

『日向坂46』の加藤史帆がレギュラーパーソナリティーを務めるラジオ番組『レコメン!』(文化放送)が、2月23日放送。『第2回! 赤ちゃん選手権』が開催され、放送事故ギリギリの内容に、ネット上がザワついている。

同企画は加藤をママに見立て、リスナーがどれだけ赤ちゃんになりきれるかを競うもので、今回が2回目の開催。第1回では10~20代のリスナーを対象に募集したが、今回は40歳以上だったため、放送前から不安視する声が広がっていた。

「前回は若いリスナーだったこともあり、笑いに包まれましたが、今回は正真正銘のオジさんたちが登場し、阿鼻叫喚の展開となりました。まず、トップバッターとして登場したのは、某大手企業で課長を務める52歳の男性。いざ、競技がスタートすると、加藤に向かって『ママー、ママー、よしお、お腹が空いたー、ママー』と甘えた声を連発。危険を感じたMC・オテンキのりが即座に電話回線をシャットダウンして事なきを得ました。続いて登場したのはなんと、60歳の現役校長先生。校長は定年を間近に控えていることから、生徒に聴かれても『怖くない』と開き直っていました。競技が始まると『ママと結婚するの~』と60歳とは思えない幼児言葉を連発。一瞬でスタジオを凍り付かせました」(エンタメ誌ライター)

40歳オーバーの赤ちゃんに爆笑&ドン引き

リスナーからは、

《赤ちゃん選手権、エグいなwww》
《電車の中で聴くんじゃなかった…。赤ちゃん選手権面白過ぎるんだよなw》
《マジでオジさんの赤ちゃん選手権はヤバすぎる》
《真夜中に笑いすぎて腹筋崩壊した》
《禁断の回だったな。ヤバすぎて言葉が出ねぇ》
《Over40赤ちゃん選手権で色々考えさせられましたわ》
《赤ちゃん選手権は地獄だから即離脱した!》
《笑いを通り越して嫌悪感を抱きました。おっさんどんな顔でこんな台詞吐いてるんだ》

などとさまざまな声があがっている。

加藤は「なんかもう、怖いです…。ゾッとしています。体中が寒いです」と言葉もなかった様子。今回の企画には多くのオジさんたちが応募したようで、最終的には大成功を収めたが、あまりのおぞましさに次回の開催は未定だとか。

深夜の放送だっただけに、〝被害者〟は少なかったようだ。もし次回があるとしたら、次はどの世代が対象になるのだろうか。

【あわせて読みたい】