『ネプリーグ』Snow Manの“漢字間違い”にドン引き「簡単すぎなのに」

Snow Man 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『Snow Man』の9人が3月1日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演。漢字の問題で間違いを連発し、ファンから一般常識のなさを心配する声が寄せられた。

この日は、阿部チーム(阿部亮平、岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太)、ラウールチーム(ラウール、目黒蓮、渡辺翔太、向井康二、佐久間大介)の2組に分かれて対戦した。

視聴者の間で話題になったのは、漢字の書き、読みが出題されるクイズコーナー「日本語ツアーズ」での出来事。阿部チームの岩本は「制服」は書けたものの「雑貨」を「雑化」と書いて脱落。宮舘も間違えた。後を引き継いだ深澤は「雑貨」「販売」を書き切ったものの「視野」を「目拡」と書いてしまった。

「視野」「収集」「着色」が書けず…

上智大大学院出身の阿部がフォローして事なきを得たものの、「葛藤」を書けず『ネプチューン』名倉潤に頼ってなんとかクリア。一方、ラウールチームの目黒は「響く」の読みを当てて同番組初の正解を果たしたものの「着色」を「染色」、向井も「収集」を「収周」と間違えた。

渡辺は「厳重」を書いて見事に正解するなど、まずまずの活躍を見せたものの、「淘汰」を書けず、ラウールとともに脱落。

ファンは「Snow Man」の漢字力のなさを知っていたようだが、改めて驚がくしている。

《まじ今日の問題、いつものネプリーグと比べて簡単すぎて、Snow Manのヤバさが世に知れ渡るw》
《正解して嬉しいが、問題簡単すぎだろwww》
《問題簡単すぎるwww スタッフさんSnow Manの脳内レベルに気を遣ったのかしらwww》
《「雑貨」や「視野」を書けないのもドン引き》
《Snow Man想像以上にバカだ…笑》
《心なしか…簡単な問題多い…》
《Snow Manのネプリーグ、こんな簡単な漢字問題見たことない》

ネット上では、いつもよりも問題が簡単だという指摘もあった。

世の小中学生に笑われないよう、もう少し漢字力を鍛えてほしいものだ。

【あわせて読みたい】