『巨人』田口と『ヤクルト』広岡が電撃トレード! 発表の裏には原監督の思惑が…?

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

3月1日に発表された『読売ジャイアンツ』と『東京ヤクルトスワローズ』の選手トレードが、野球ファンを震撼させている。

トレードの対象は、『ジャイアンツ』の田口麗斗投手と『スワローズ』の廣岡大志内野手。1日の午後に正式発表され、シーズン開幕まで4週間という時期にも関わらず〝電撃トレード〟が成立した。

今回のトレードに伴い、田口投手は球団を通じて「ジャイアンツの皆さんには、本当に感謝しています。東京ヤクルトスワローズでも、田口麗斗を応援してもらえるよう頑張ります」とコメント。廣岡内野手も「突然のことで正直、驚いています。スワローズには入団してから5年間、たくさんの方々にお世話になり、大変感謝しています」と感謝の気持ちを述べていた。