斎藤ちはるアナの“パックで出しちゃう”発言に賛否「困る人いない」「不衛生」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが3月1日、情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演。がさつな性格が露呈し、ファンをざわつかせている。

この日の番組では、ネット上で話題の「正月に刺し身をパックのまま食卓に出された夫が不機嫌になった」という議論をピックアップ。街頭アンケートをとった結果、50人中35人が「皿に盛る」と回答していた。そして、35人のうち約7割が40代以上で、「皿に盛らない」と回答した15人の8割以上が20~30代という結果に。

24歳の斎藤アナは自身について問われると、「私は多分、パックのまま出しちゃう」と少し恥ずかしそうに返答。「お皿を洗う手間が省けるというのもありますし、そのままでもいいかな、時間もそんなにないですし」と今時の若者と同じように、現実的な態度をみせた。

若者の多くが、刺身をパックのまま食卓に出しているため、斎藤アナの対応もかなり現実的なのだろう。しかし、ネット上では

《あーはいはい。かわいいのにガサツね。はいはい、意外とズボラな私》
《不衛生と思ったのは私だけ? せめてお皿に移そうよ。私なら絶対無理》
《別に良いと思うけど、私は必ずお皿に移し替えます》

など、〝がさつな態度〟を非難する声があがっている。

斎藤ちはるアナの発言に共感の声も…!

「斎藤アナは、もともとかなりがさつな性格で、局内でも仕事が雑だと評判です。女子アナファンの間では〝ダルアナ〟などと不名誉な呼び名もあるくらいです。今時の若者がいちいち食品を皿に移さないのは時代の流れともいえますが、少なくともイメージ商売でもある女子アナが、あのような発言をしては、ファンもガッカリしたことでしょう」(女子アナウオッチャー)

しかし一方で、斎藤アナと同じく、パックのまま出しちゃうという人も多く、

《パックのままでいいよ。困る人誰もいないよ》
《せっかくきれいに盛り付けてあるから、パックのまま出します》
《食卓にそのまま出す前提で絵柄のついたパックなんだと思ってた。キレイに盛り合わせになってるお刺身を、自分で盛り付けなおすと、お刺身も箸のあとがついちゃうし、うちはそのまま出しちゃいます》
《別にいいんじゃないの? パックで出されて文句言うなら、皿洗いや後片付けとかも自分でやればいい》
《食べた人が皿洗いしてくれるならお皿に盛りつけ直してもいいけど、そうでないなら文句言うなと思う》

と共感する声も多くあがっている。

やはり若い世代は、洗い物の手間など家事負担を減らす取り組みが進んでいるようだ。家事の男性参加が叫ばれている昨今は、効率のいいライフスタイルが共感を呼ぶのだろう。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】