『CDTV』ミレニアムパレードに絶賛も…コアな音楽ファン「既視感がある」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

3月1日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、『King Gnu』の常田大希が率いる『millennium parade(ミレニアムパレード)』が登場。センセーショナルな音楽を披露し、視聴者を惹きつけた。しかし、一方でパクリという指摘も相次いでいるようだ。

『millennium parade』は、常田と世代が近い新進気鋭の演奏家や映像クリエイターが集結した音楽グループ。楽曲ごとにメンバーが入れ替わり、その楽曲にもっとも適したメンバーで演奏するという形式をとっている。

この日の番組で「millennium parade」は、『Fly with me』と『FAMILIA』の2曲を披露。「FAMILIA」は家族にも等しい間柄の演奏家と共に完成させたという楽曲で、テレビで初めてフルサイズをパフォーマンスした。

圧巻のステージングに多くの視聴者が感銘を受けたようで、ネット上では、

《CDTVのミレパ見たけど、ヤバすぎ。常田大希はベートーヴェンの再来じゃない?》
《ミレパの余韻がすごくて。全然違う2曲で、どっちがいいということでもなくて、ただただ圧倒されてた。心を揺さぶられる魂のこもった演奏。こんな音楽に出会えて感謝しかない》
《CDTVのミレパめちゃくちゃ良かった。人生で初めてくらいに純粋に歌聴いて泣いた》
《演出、衣装、最高すぎやしないか…。すげえなあ…生きてるうちに見れて良かったなって思うくらい、語彙力なくてすげえしか出てこん》

などと常田の才能を称賛する声があがっている。

コアな音楽ファンからは酷評? パクリを指摘する人々

その一方、『Fly with me』のアニメーションを用いたパフォーマンスやメタルな曲調から、海外アーティストの影響を感じ取った人も多いようだ。音楽ファンからは、

《ミレパみてるとコンセプトがゴリラズですなぁ》
《ミレパから感じるそこはかとないSlipknot》
《millennium paradeって日本のGorillazだよね》
《millennium paradeはGorillaz見てきた世代にとっては特に目新しい感じは一切ないんだよなー。CG使ってる時点でGorillazと既視感があるというか》

といった意見も見受けられた。

「『millennium parade』は、2月19日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも『Fly with me』を披露。その際にも20年前の洋楽バンドに酷似しているという指摘が続出していました。『millennium parade』そのものというよりは、『Fly with me』のみ海外の影響が顕著に出ているのかもしれません」(音楽ライター)

ファンの間で〝令和のベートーヴェン〟と言われるほど、音楽的なセンスに満ち溢れている常田。模倣したわけではなく、最先端の楽曲を生み出したがゆえに、トップアーティストと似てしまったのだろう。

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】