視聴者から大ブーイングの話題作とは? 2021年冬ドラマニュースランキング

竹内涼真 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

竹内涼真や上白石萌音など、人気俳優がこぞって出演している2021年冬ドラマ。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった〝2021年冬ドラマ〟にまつわる記事をご紹介します(3/3配信まで集計)。

1位 竹内涼真『キミセカ』初回8.4%で大爆死!「二度と見ない」酷評相次ぐ

竹内涼真『キミセカ』初回8.4%で大爆死!「二度と見ない」酷評相次ぐ

2位 藤原竜也『青のSP』あの“駄作”そっくりで呆れ声「クソドラマだな!」

藤原竜也『青のSP』あの“駄作”そっくりで呆れ声「クソドラマだな!」

3位 『ボス恋』主演・上白石萌音に心無い声…アンチ噴出も高視聴率キープ!

『ボス恋』主演・上白石萌音に心無い声…アンチ噴出も高視聴率キープ!

4位 『ボス恋』上白石萌音の生意気態度に大ブーイング「すっげえ感じ悪い」

『ボス恋』上白石萌音の生意気態度に大ブーイング「すっげえ感じ悪い」

5位 トラウマ朝ドラ『半分、青い。』と完全一致! 新ドラマ『ウチカレ』に拒否反応

トラウマ朝ドラ『半分、青い。』と完全一致! 新ドラマ『ウチカレ』に拒否反応

6位 お茶の間凍る! ドラマ『ウチカレ』菅野美穂“大胆発言”に「家族団らんが…」

お茶の間凍る! ドラマ『ウチカレ』菅野美穂“大胆発言”に「家族団らんが…」

7位 香取慎吾『アノニマス』視聴率4%台突入で打ち切り? 視聴者が激減した理由

香取慎吾『アノニマス』視聴率4%台突入で打ち切り? 視聴者が激減した理由

8位 ドラマ『知ってるワイフ』広瀬アリスにも批判の声が…「不倫女まっしぐら」

ドラマ『知ってるワイフ』広瀬アリスにも批判の声が…「不倫女まっしぐら」

9位 『ボス恋』上白石萌音の“ウザさ”が限界突破「現実を見ろ!」

『ボス恋』上白石萌音の“ウザさ”が限界突破「現実を見ろ!」

10位 今期一のポンコツドラマ? 浜辺美波『ウチカレ』に呆れ声が殺到したワケ

今期一のポンコツドラマ? 浜辺美波『ウチカレ』に呆れ声が殺到したワケ

11位 綾瀬はるかドラマ『天国と地獄』真犯人がすでにバレた?「チョイ役すぎて…」

綾瀬はるかドラマ『天国と地獄』真犯人がすでにバレた?「チョイ役すぎて…」

12位 米津玄師をディスった? 浜辺美波ドラマ『ウチカレ』の台詞に動揺の声

米津玄師をディスった? 浜辺美波ドラマ『ウチカレ』の台詞に動揺の声

13位 竹内涼真『キミセカ』に再びパクリ疑惑! 主人公の“殺人”にツッコミ続出

竹内涼真『キミセカ』に再びパクリ疑惑! 主人公の“殺人”にツッコミ続出

14位 『ウチカレ』米津玄師ディス連発で大批判「ケンカ売ってる?」「浅い脚本」

『ウチカレ』米津玄師ディス連発で大批判「ケンカ売ってる?」「浅い脚本」

15位 男性側をフルボッコで視聴率上昇!『知ってるワイフ』クズ夫・大倉忠義に非難

男性側をフルボッコで視聴率上昇!『知ってるワイフ』クズ夫・大倉忠義に非難

16位 今期の「期待ハズレ」ドラマが判明! 番組予約ランキングで悲惨な結果に…

今期の「期待ハズレ」ドラマが判明! 番組予約ランキングで悲惨な結果に…

17位 期待値最弱ドラマ『知ってるワイフ』大ヒット!『ウチカレ』との差がクッキリ

期待値最弱ドラマ『知ってるワイフ』大ヒット!『ウチカレ』との差がクッキリ

18位 『ウチカレ』菅野美穂の“セリフ”に視聴者ドン引き「気持ち悪い」「やめて」

『ウチカレ』菅野美穂の“セリフ”に視聴者ドン引き「気持ち悪い」「やめて」

19位 鬼滅×コロナ? 竹内涼真のゾンビドラマ『キミセカ』丸パクリの内容に呆れ

鬼滅×コロナ? 竹内涼真のゾンビドラマ『キミセカ』丸パクリの内容に呆れ

20位 上白石萌音『ボス恋』名作映画のパクリ過ぎて困惑…「日本らしいダサさ」

上白石萌音『ボス恋』名作映画のパクリ過ぎて困惑…「日本らしいダサさ」

『青のSP』はあのドラマにそっくり?

1位に選ばれたのは、1月17日に放送された『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)第1話にまつわる話題。俳優・竹内涼真が主演し、生き血を求めて人間を食らうゾンビたちがはびこる〝終末世界〟を舞台にした〝サバイバルラブストーリー〟である同ドラマ。第1話から、生き残った者たちが次々にピンチに見舞われるなど、手に汗握る展開が繰り広げられました。

しかし、視聴者からは「肝心なゾンビのクオリティーが絶望的」や「見るに耐えないストーリー展開」など、酷評が相次ぐことに。また、日テレお得意の〝Hulu商法〟にも視聴者はがっかりさせられたもよう。

同ドラマは日本テレビと『Hulu』の共同制作で、シーズン1を日テレ系の日曜ドラマとして全10話放送。その後、シーズン2が3月からHuluオリジナルとして全6話独占配信される予定になっています。そのため「えっ!シーズン2はHuluなの!?」や「後半がHuluと聞いて見るのをやめました」などといった声があがってしまいました。せっかくなので、「キミセカ」のついでにHuluで『ウォーキング・デッド』を観るのもアリかもしれません。

続いて2位に選ばれたのは、1月12日に放送された藤原竜也主演『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-』(フジテレビ系)第1話にまつわる話題。学校内に警察官が常駐し、トラブル対応や予防活動を行う「学校内警察(スクールポリス)」制度を軸にしたストーリーですが、あるドラマに似ているとの指摘が相次いだようで…。

「ネット上での誹謗中傷問題などを題材にして、最近の生意気な若者を改心させるというストーリーは、菅田将暉主演のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)と似たような展開ですね。しかし『3年A組』といえば、一部信者に絶賛されているだけで、ストーリーがクサすぎて脚本もめちゃくちゃだと酷評されている作品。わざわざ駄作をパクったことで、悲惨な出来になってしまっています」(芸能記者)

実際、ドラマ放送中にはネット上で「実況向けのクソドラマだな!」や「3年A組と同じニオい」といった声があがることに。『3年A組』と同じようにお涙頂戴の説教ドラマで終わるのか、ますます目が離せません。

今後、2021年冬ドラマは、視聴者にどんな感動を運んでくれるのでしょうか?

【あわせて読みたい】