福原愛の“お泊り不倫”に理解の声も…?「国際結婚で文化の違いもある」

福原愛

(C)まいじつ

元卓球選手の福原愛が、3月3日配信の『NEWSポストセブン』に〝お泊まり不倫〟を報じられ、ファンをざわつかせている。

福原は、2月の下旬に横浜中華街で一般男性とデートを楽しみ、そのままホテルに宿泊。翌日も2人きりの時間を過ごし、福原の自宅に泊まったという。現在、福原は事実を認めてはいないものの、自身の新会社で先月立ち上げた『omusubi』のホームページ上で謝罪している。

「福原の不倫報道は『週刊文春』も報じていて、同時に2誌が追っていたようです。福原も自分がマークされていたことを察したのか、28日にツイッターで《この数日間ずっと週刊誌の方につけられて気が滅入りそう、、》と心中を吐露しています。さらにその後、《直接聞きにきてくれたらいいのに、、》とツイート。これは隠す必要がないという意思の表れなのかもしれません。現在、福原は離婚の意思を明確にしていますが、この原因は夫で卓球選手の江宏傑による〝モラハラ〟が理由なのではないかと言われています。福原にしてみれば、なりふり構わず先に既成事実を作ってしまいたかったのかもしれません」(芸能記者)

ネット上では、そんな福原の態度に

《夫となにがあったのかはしらないけど、まだ正式に離婚してないのにホテルはまずいだろ。開き直り過ぎ》
《夫と子どもをほったらかして、夫以外の男性とホテルに泊まった時点でアウトでしょ。せっかくのオリンピックメダリストの華やかな経歴を台無しだね》
《モラハラDVされていたから不倫して良いわけない。きちんとモラハラDVを訴えて子ども連れて離婚してから恋愛するべき。これでは子どもがかわいそう》
《完全に撮ってくれって感じだね。夫に見せつけるつもりだったんじゃないかな》
《2部屋取ってても、実際のところ1部屋は使用せずに一晩一緒に過ごしていると思われても仕方ない。体調の悪い母と幼い子どもを置いて帰国不倫って、イメージ最悪》

などと非難の声があがっている。

文化の違いが“モラハラ”に発展?

しかし一方で、

《夫から育児のことで激しく罵られてたみたいだね。異国の地でかなり気苦労も多かったんじゃないかな》
《夫と義母からかなり責められてたみたいだよ。不倫はマズいけど、もはや誰かに頼らないとやっていけなかったんじゃないかな。日本に帰ってきたのもそういうことだろ》
《旦那さんのモラハラかなりひどいらしいね。そりゃ日本に逃げ帰りたくもなるでしょ》
《国際結婚で文化の違いもある。一昔前の日本がそうだったように、中華系は親と住み、男系を重視する。それをモラハラと呼んだのかな。圧倒的な知名度、稼ぎや人気も旦那より愛ちゃんのほうが上だろうし、気の毒だ》

などと、擁護の声も聞こえてくる。

福原の不倫疑惑は、台湾でもトップニュースとして取り上げられている。江のマネジメント会社は「2人は離婚していない。小傑(江)は小愛(福原)が男性と遊んでいたことを知らなかった。国際結婚はお互いが努力しないといけないことが多いもの。2人がメディアに語ったことがあるように、定期的に大なり小なりいろいろな家庭のことを話し合っている。家族を攻撃しないでほしい。愛の母親が江家で子どもの面倒を見ている」とコメントを発表している。

いずれにしても、離婚は待ったなし状態といっていいだろう。

【あわせて読みたい】