松居一代の離婚問題「隠れ蓑」にした渡辺謙のドサクサ会見

(C)まいじつ

今年3月に大阪のクラブホステスとの不倫が一部週刊誌に報じられた渡辺謙が、この件に関しての記者会見を7月に開いた。一時は、沈黙を貫いて話題が下火になるまで待つことも考えたというが、一転して会見を決行した。

不倫が発覚した際に、渡辺の所属芸能事務所は「会見を開催する」と報道各社に伝えていたが、ここまで実現することはなかった。不倫相手の女性、もしくはその人物と近い人間が情報元になっているという記事に対して、渡辺が反論できる部分もないため、テレビ局関係者は「事務所内で話し合った結果、このまま会見をやらない方向に傾きかけた」と明かしている。

渡辺は来年放送の大河ドラマ『西郷どん』(NHK)への出演を控えている。6月に発表になったときは、通常ならば会見を開くのだが、コメントのみだった。

「渡辺が演じるのは島津斉彬という主要登場人物です。今後も番組PRのために出てこられないというのはNHKとしても困るため、早く不倫に関する会見をして、けじめを付けてほしいと、事務所に要望を出したようです」(同・関係者)

それでも渡辺は、つるし上げにあう可能性が高い記者会見の開催に踏み切れなかった。しかし、船越英一郎と松居一代の夫婦問題発覚が後押しになったという。

 

松居に噛みつかれた渡辺

「世の中は特に松居の言動に注目しており、ワイドショーの話題も松居一色になっています。このタイミングで渡辺が会見をしても、そんなに話題になることはないと読んで、急遽開催することになったのです」(ワイドショー関係者)

これで渡辺は禊を済ませた形になり、これからは堂々と活動できることになった。だが、会見でレポーター陣から松居の件について聞かれ「それぞれの夫婦の形は、なかなか、うかがい知れないところがある。それぞれ穏便に解決してくれたら、いいんじゃないかなあと思う」と当たり障りがないとはいえ、答えてしまったことで、新たな火種を生んでしまった。

さっそく松居はブログに《世界の渡辺様に失礼ながら申しますが、あなたに、とやかく言われる筋合いは、何処にもありません 人のことを、おっしゃる前に自分の不誠実な生き方を改めるべきです 妻ではなくとも女性として感じることは、この不倫事件にはあります詳しいことは、わかりませんが女性、妻を、なめてますよ!!!! まあ…救いは、不倫相手が、私の場合と違って妻の親友では、ないことです》など書き込み、吊るし上げられた。

しかし、渡辺は松居のおかげで穏便に会見を開催することができたことも事実で、これぐらいの代償は仕方がないと言ったところか…。

 

【あわせて読みたい】

※ 香取慎吾が「芸能活動続行」宣言

※ 稲垣吾郎をテレビ朝日系の芸能プロダクションが獲得表明へ

※ 木村拓哉「A LIFE」続編に「あの主要出演者」が難色!

※ 渡辺謙の不倫会見で「的外れ」な批判をした坂上忍が炎上

※ 松居一代の公開した動画に「法に触れる可能性」のある行為が…