『オードリー』若林が“モラハラ芸人”にガチギレ?「気分が悪い」「改心して」

若林正恭 

(C)まいじつ 

『オードリー』の若林正恭が、3月7日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 特別授業』(テレビ朝日系)で、芸人に厳しくダメ出しする一幕があった、視聴者は若林に共感しながらも「めっちゃキレてない?」と驚いている。

ゲストに藤本美貴と『パンサー』の尾形貴弘を迎えた。2017年3月に結婚して妻に愛情たっぷりの尾形だが、藤本は「家庭内モラハラ&DV疑惑(がある)」と切り出す。藤本は「モラハラとDVの明確な線引きはない」などと説明しながら尾形家の様子を説明した。

藤本いわく、尾形は妻にバンド『back number』の曲を聴かせるのを禁止しているという。パンサーの単独ライブよりも、先に日程が決まっていたback numberのライブを優先させたことが理由といい、尾形は「許せなかった。俺への愛が全然ない」と力説した。

『パンサー』尾形貴弘に「カウンセリング必要」

さらに藤本は尾形が妻に韓流、恋愛ドラマを見る行為や男性美容師に髪を切ってもらうこと、宅急便の配達員との会話や、メークをして人前に行くことを禁止していることなどを暴露。これらの行為が社会的、精神的DVに当たる可能性があると説明すると、若林は腕組みをしながら「自分の脳みその中だけだね。リアルカウンセリング、必要だよ」と説いた。

夫婦げんかの途中に尾形が「うちの母ちゃんはできるのに、あいちゃんはできないよね」と口にしたことが明かされると、若林が「よくこれ(テレビに発言)を出したな、オイ…」と漏らす場面も。

番組最後には妻からの手紙が読み上げられ、妻の「ウチはウチ」「もっと私を信じてください」との言葉に尾形は感激。「真人間になる」と宣言した。

反省の弁を述べたにもかかわらず、SNSでは放送後も尾形への批判が止まらない。同時に番組中、若林が本気で尾形に怒っていたのではとみる視聴者もいた。

《若林さん、呆れちゃうよね。尾形さんはしっかり改心して、カウンセリングも定期的に受けて、良い家庭を築いてください》
《その教訓、尾形の頭じゃ理解できないよまじ若林の言う通りカウンセリング受けなきゃダメだわ》
《若林がガチギレしてて、すごい》
《しくじり先生の尾形に対して若林めっちゃキレてない?》
《若林が言うように、奥さんへのモラハラ発言とか本当よくテレビに出したなぁ》

若林の好感度が爆上がりしたようだ。

【あわせて読みたい】