ヘイセイ伊野尾慧が“疑惑の薄毛”をカミングアウト「よく頑張った」

伊野尾慧 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

3月6日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、『Hey!Say!JUMP』伊野尾慧が〝ハゲ隠し〟をカミングアウトして話題となった。

この日は大泉洋がゲスト出演し、事務所の後輩である島太星もスタジオに登場した。島は伊野尾と同じようなモリモリのマッシュヘアなのだが、その理由を「頭皮が薄くて」と告白する。さらに流れで、「見た事がない美しいお顔」と伊野尾の容姿を褒めたたえると、伊野尾は苦笑いした後に、「まあでも確かにね、俺もハゲ隠しでこの髪型にしている」と発言。島の発言に乗る形でカミングアウトをした。

番組では共演者がツッコミを入れ、伊野尾のボケ発言のような扱いをされていたが、ネット上では

《自らカミングアウトしたら、たぶん伊野尾本人も少し楽になったんじゃないかな。勇気がいたと思うけどよくがんばって言ったと思うよ》
《カミングアウトしてスッキリしただろうから、植毛すれば良いじゃん。前からデコ広いのは知ってたから自分で認めたのは好感度アップ》
《なんとなくそう思ってたけど、好感持てる!》
《今更ファンの方々は離れないから大丈夫だと思います》
《大半のファンが気づいていたのでは。10代の頃から若禿のように髪の毛の少ない子だった》

など、本気発言として受け取っている人が多いようだ。

薄毛を商売にするジャニーズ

「伊野尾の〝ハゲ疑惑〟は有名で、ネット検索すると関連ワードの最初に『おでこ』と出ます。ファンの間では、『おでこが小さなころから広いだけ』と擁護する声もあり、生まれつきなのか薄くなったのか、真相はわかりません。しかし広いおでこ隠すために、あの特徴的なモリモリのキノコスタイルにしていることは事実であるようですね」(芸能記者)

2011年には、頭皮ケア用品『スカルプD』のCMに、当時『SMAP』だった中居正広と草彅剛が出演。2015年には発毛促進薬『カロヤン プログレ』のCMに『KinKi Kids』堂本光一が出演している。ジャニーズでは薄毛をカミングアウトして、新たなスポンサーをつける戦略があるのかもしれない。

【あわせて読みたい】