『CDTV』King Gnu“伝説的パフォーマンス”カットに落胆「許さない」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

3月8日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)で、過去の同番組で流れたパフォーマンスが再び放映された。しかし『King Gnu』のあるシーンがカットされ、一部から苦情も寄せられている。

番組冒頭に『YOASOBI』の『夜に駆ける』が流れた後、同局の江藤愛アナウンサーが登場。番組開始から間もなく1周年が経過することを伝え、ここ1年のヒット曲20曲を公開した。

「King Gnu」は15番目に登場し、『Teenager Forever』の歌唱シーンが流れた。2020年6月放送回のもので、スーツ姿のボーカル・井口理が直立不動のまま歌っていたところ、後半になって暴走。突然メガネを外し、黒子にスーツを脱がされ、タンクトップとハーフパンツ姿になった井口は腕をワナワナと震わせ、ステージ上で足をバタつかせながら踊り狂う。視聴者からは「伝説」「狂気を感じた」などと大きな反響が寄せられた回だった。

『King Gnu』井口理の「大暴れシーン」直前でカット

この日の放送でも、VTRでスーツ姿の井口が現れると、ファンは井口の「大暴れ」に期待を寄せていた。だがメガネを外し、黒子に服を脱がされるシーンの直前になってVTRが終了。思わぬ肩透かしを食らい、ファンは残念がっている。

《井口さん着替えのところカットされた笑》
《井口の早着替えカットされて草》
《なぜ井口くんの早着替えをカットしたのだw》
《Teenの早生着替えシーンをカットしたCDTVを許すな》
《早着替え! なんでーーー!》
《テレビつけたらCDTVでteenager forever やってて、井口さんの狂気シーン楽しみにてたのにばっさりカットされてて残念》
《CDTVめっちゃ良いとこで井口さんのとこカットするやん》

当時の放送では、一般視聴者にはいまいちハマらなかった井口の「奇行」。それでもファンは語り草にしているようだ。

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】