『とくダネ』元力士の“時短営業無視”に賛否! ルーズな罰則は逆効果?

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

元大相撲の玉海力剛が、3月9日放送の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演。新型コロナウイルス感染防止のための東京都による〝時短要請〟について持論を展開し、ネット上で物議を醸している。

この日、番組では都が実施している時短要請の見回り問題を取り上げた。現在、見回りは10組体制で平日の午後8時から1時間程度、主要繁華街から中心に地域を拡大していると紹介。そして、時短要請に応じている飲食店は、埼玉99%、東京97%、神奈川98%、千葉98%だったことを報じた。

東京では休業、時短要請の文章が出されたのは計113店で、改善がみられたのは数店のみ。そんななか、人気ちゃんこ店の店主で、元大相撲の玉海力が番組に生出演。玉海力は、ちゃんこ店の経営状況などに加え、「感染対策しても0にはならない」とコメントし、緊急事態宣言が延長されてから時短要請には応じない姿勢を見せた。

続けて、「感染対策も徹底している」「罰則を科せられる可能性があるが、仕事を頑張っている人たちを応援する理由もある」と持論を展開。しかし、映し出された店内はアクリル板がついていないなど、必ずしも感染対策が十分施されているとは言い難い状況だった。

政府の“緩い取り締まり”に物議

この放送に、ネット上では

《時短営業に従わない店の1つひとつが感染者数の下げ止まり、リバウンドの原因になっている。玉海力は自分の店が儲かればそれでいいのか?》
《緊急事態宣言の中、営業時短を拒否して営業してるのに、ちょっと厚かましいと思う》
《自分勝手過ぎる。こういう人が感染を広げるんだよな》
《このご時世に客が同じ鍋つついてるのはさすがに厳しいだろ。店にアクリル板もつけてないし、まだ対策できることあるんじゃないの?》

などと、厳しい意見が寄せられている。しかし一方で、

《政府が毎度毎度、感染拡大原因が飲食店だけであるかのように戦犯扱い発言するのが悪い。政府はあそこまで強い発言をするのなら、全店舗回って感染防止対策を施したり指導支援、補償をしっかりやるべき》
《そもそも時短(自粛)が効果あると言うエビデンスが一切ない以上、どう考えても一定規模以上の店は無視したほうが合理的》
《本当にリスクが高いのであれば、要請ではなく禁止にすればいい。要請ということは、自己責任でどうぞということであるから、店側として非難されるのはどうかと思う》
《結局は行政が適当に対策してるからだと思う。1日6万円で大赤字になる所はやっても当たり前なんじゃないかな。1回目の緊急事態時から長期の時間もあり2回目時に同じだなんて、今まで行政は何をやってたの?って話。せめて今回の緊急事態時には前年度総売り上げの平均値で給付すれば問題は起きなかったと思う》

などといった擁護の声もあがっている。

飲食店における感染は全体の1割程度というデータもあり、玉海力の考え方を評価する向きもある。しかし、ほぼ100%に近い飲食店が時短要請に応じているなか、独断で営業を続けていることに批判の声があがるのも致し方ないことだ。

過料を承知で時短営業を〝拒否〟する玉海力。果たして今後どの程度の賛同を得られるだろうか…。

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】