『深イイ話』声優特集に怯える視聴者「森川智之かなり厳しくて怖いな…」

(C)Stanislav Photographer / Shutterstock 

3月8日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)は、声優を目指す若者たちに密着。そこで声優界の帝王・森川智之の〝厳しいレッスン風景〟が映し出され、視聴者たちを震え上がらせていたようだ。

今回の番組では「声優は本当に幸せなのか? 第2弾」と題し、過去に放送された第1弾と同様に声優事務所『アクセルワン』の付属養成所『アクセルゼロ』のレッスン風景を紹介。まずは声優の厳しさを知ってもらうため、生徒たちへ〝アニメのアフレコ〟のレッスンを開始する。

すると森川は開始早々、アニメの声色に寄せるだけの生徒たちへ「口先でやっちゃダメだよね」「画に負けちゃう」と厳しく指導。その後も心情の表現ができていない生徒へ何度もやり直しをさせる一幕や、全力を尽くせない人に対して「出し切った?」「悩んでください、もがいてください」と冷たい一言をお見舞いしていく。

また、洋画吹替のオーディションに参加する生徒へのレッスン時のこと。セリフ間違いをしてしまった生徒へ、森川は「間違えないで。間違えたらもうダメだからね」と強く叱るのだった。

森川智之は厳しいだけではない?

終始厳しい態度を取る森川に、生徒だけでなく視聴者も萎縮してしまったようだ。ネット上には、

《森川智之かなり厳しくて怖いな…》
《めっちゃこええ~声優怖い》
《この声のトーン身に覚えがありすぎるからめっちゃ怖いな。この感じトラウマやで》
《怖過ぎて画面を直視出来ない。観てるこっちが緊張してしまう》
《声優オーディションのときの森川さんこんな怖いのな》
《ただのオタクは〝声優の森川さん〟で終わるけど、養成所通ってる人からしたら怖い人になっちゃうのかな》

などの反響が寄せられている。一方で森川を〝指導者〟として評価している人も多く、

《厳しいなと思う反面、養成所の人たちを何とか声優で食えるようにしたいという優しさも感じられた》
《怖いとか厳しすぎるという意見あるのも分かるが、それだけ森川さんが声優という仕事に誇りを持ってるのよくわかる》
《森川さんが態度でかいとか言われてるみたいだけど、あれ優しい対応だよ。現場とかああいう対応してくると思うし、何より優しく教えてくれる講師の方が怖い》
《厳しいなと思う反面、養成所の人たちを何とか声優で食えるようにしたいという優しさも感じられた。事務所の経営者ということもあるけど、夢見る人に夢だけ見させてお金をかすめ取るような人が残念ながら多くいる業界だから、厳しい指導も愛のムチ》

といった絶賛の声も見受けられた。

今回のケースは森川自体が怖いのではなく、人が怒られている様子を直視できない恐怖の共感性で怯えてしまった視聴者が多かったのかもしれない。

【画像】

Stanislav Photographer / Shutterstock

【あわせて読みたい】