『チマタの噺』吉岡里帆がうっかり“ポロリ”で大興奮「あざといなぁ」

吉岡里帆 

(C)まいじつ 

女優の吉岡里帆が、3月9日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。笑福亭鶴瓶とのトーク中に関西弁をポロリとこぼす場面があり、視聴者を沸かせた。

デビューからトップに上り詰めるまでが早かったと鶴瓶から指摘された吉岡は、恥ずかしがりつつも「自分が役名で呼ばれたときがあって、自分の名前が呼ばれるときより感動しましたね」「作品を見てもらっている実感というか」と振り返った。

京都、大阪を舞台にしたNHKの連続テレビ小説『あさが来た』で、吉岡が演じた役名「宜(のぶ)ちゃん」で呼ばれたことがあったという。するとここで吉岡は「大阪の谷町四丁目で声をかけられて…」「『出てるねー』っていうので(声をかけられた)」と、関西弁交じりに話した。

笑福亭鶴瓶と話が弾み…関西弁に

さらに鶴瓶が「スジナシ(鶴瓶のスジナシ、TBS系)出て!」と依頼すると、吉岡は「私(過去に)出ました」とポツリ。当時の記憶をよみがえらせ「(過去に)出た!」と両手をたたいた鶴瓶に、吉岡は立ち上がり「鶴瓶さん! 私は悲しいです」と再び関西弁でコメント。「話、弾まないです。この距離が縮まることは一生ない」と残念がった。

吉岡は即興でドラマを演じる「スジナシ」出演時を振り返り、「『(鶴瓶と)絶対キスできひんような流れに持ってかなアカンな』って思ってました」と話した。

視聴者は普段聞けない吉岡の京都弁、関西弁に驚いていた。

《吉岡里帆、関西弁出しちゃって…どこまでもあざといなあ。しかも京都人…ぽいなあ》
《吉岡里帆が鶴瓶につられて関西弁なっててよい》
《吉岡里帆が関西弁!? と思ったら生粋の京女やった。勝手に持ってたイメージがガラリとかわっちまった》
《鶴瓶さんと話してるからか、吉岡里帆バリバリ京都弁だ~》
《吉岡里帆ちゃんの京都弁はいいなぁ。彼女の地元の方言と言えなかなか聞く機会がないからこれはかなり貴重な番組だ!》
《吉岡里帆が所々関西弁(京都弁?)になるのええなァ》

トークが弾んだせいで、ついつい素が出てしまったようだ。

【あわせて読みたい】