加藤浩次への“圧力”はあった? 契約終了に憶測飛び交う「吉本の報復か」

加藤浩次 

(C)まいじつ 

吉本興業が3月9日、お笑いコンビ『極楽とんぼ』加藤浩次とのエージェント契約を今月末で終了すると発表。突然の事態に、ネット上からは驚きの声があがっている。

吉本は公式サイトで、《タレント加藤浩次は当社とエージェント契約を締結したうえで芸能活動を行っておりましたが、双方の協議の結果、同契約の期間満了により2021年3月31日(水)をもってエージェント契約を終了することになりました》と報告している。

加藤は、2019年の闇営業問題で吉本の対応を批判。MCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で「今の社長、会長体制が続くのなら、俺は吉本興業を辞める」と発言していた。そして発言の翌日、大崎洋会長と3時間を超える会談を行ったそうだが、結論は出ず。その後、〝専属エージェント契約〟を発案して吉本と締結していた。

なお加藤のエージェント契約は終了するが、相方の山本圭壱は吉本に残留し、コンビは存続するそうだ。

加藤への圧力はあったのか…?

契約終了が発表された翌日の10日、『スッキリ』に出演した加藤は、番組冒頭でこの話に触れ、吉本から契約終了しようと言われたと明かした。そして、これからの活動について「4月から新しい事務所を作ってやっていく。4月からも『スッキリ』は続くので。日テレさんも続けてくれるということなので」と明言した。

今月末で同番組を卒業する『ハリセンボン』近藤春菜と水卜麻美アナに、「2人に新しい出発と言ったけど、俺も同じになったよ」と声をかけ、お互いの健闘を祈った。

この一連の騒動には、さまざまな意見が飛び交っている。ネット上からは、

《これが加藤の乱に対する吉本興業の報復か》
《吉本側から契約終了を申し出たという。あまりメリットを感じないから見切りをつけたということかな》
《啖呵切ったんだから、後ろ盾が無くなってからが、加藤の真価が問われるんじゃないでしょうか》
《公の場で一度でも会社を批判したら終わるよ。吉本は春菜、加藤を、頃合いを見はからって干すつもりだったんだろうね》
《加藤はTBSのレギュラーが2本終わるし、圧力を感じざるを得ないけどな…》

といった声があがっていた。

吉本の大崎会長は『FRIDAY』の直撃取材に、宮迫博之の一件と絡めて「吉本がテレビ局に圧力かけたり、逆にテレビ側が気をつかって降ろすとか噂されてるけど、そんなんあるわけない」と圧力を否定している。

2019年にはジャニーズ事務所が、元『SMAP』の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人を〝干した疑惑〟をめぐって、公正取引委員会が注意したと報じられた。

もし加藤が本当に干されるのならば、吉本も公取委から同じ処分を受ける可能性がある。しかし、そこまでの危険を犯してまで、圧力をかけることもないだろう。

いずれにせよ、加藤の独立が成功するか、芸人だけでなくお茶の間も気にしているようだ。加藤の今後にも注目していきたい。

【あわせて読みたい】