38歳・倉木麻衣の“現在の姿”に感嘆「いつまでもかわいい」「別格の美人」

(C)Jirus Malawong / Shutterstock 

歌手の倉木麻衣が、アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)の放送1000回を記念して制作した楽曲『ZEROからハジメテ』が、3月6日の放送回よりオープニングテーマとしてオンエアされた。これをきっかけに、ニュースメディア『オリコン』が倉木にインタビューしたところ、記事に添えられた倉木の写真が話題となっている。

倉木は同記事内で、『名探偵コナン』との関係を明かしている。2000年に『Secret of my heart』でタイアップして以来、なんと24曲もアニメのテーマソングを作り続けているだけに、コナンは家族のような存在だという。また、すっかりコナンのイメージがついていることを「ありがたい」と語り、台湾でもコナンをきっかけにファンが増えているそうだ。

倉木麻衣は16歳のデビュー時と変わらない?

現在38歳の倉木は、すでに人生の半分以上をコナンとともに過ごしていることになる。ネット上では、そんな彼女の最新の姿に対して、

《変わらないな。相変わらず美人さんだ》
《顔もスタイルもいい感じにキープしてるし、歌唱力や売上なども程よくキープしてる。色々落ち着いていい具合で仕事してると思う》
《いつまでもかわいいなぁ。自分は倉木麻衣ちゃんの儚げでつかみどころのない美しい声色と顔が好きだなぁ》
《ホント、最近のこの年代の女性は、歳を感じさせない美しさがあるよね。皆さんが思われる通り、この人は別格で美人さんだよなぁ》
《しばらく見ない間に、自然体な雰囲気になりとても魅力的な方になりましたね!》

といった絶賛の声が寄せられている。

「2019年に倉木はデビュー20周年記念となったライブツアー『Let’s GOAL!~薔薇色の人生~』で、デビューした16歳当時と同じ衣装を着て登場。当時と変わっていない姿でファンを驚かせていました」(芸能記者)

このまま、奇跡の40歳となってほしいものだ。

【画像】

Jirus Malawong / Shutterstock

【あわせて読みたい】