TBSが『逃走中』を丸パクリ? ソックリ番組に「ここまでくると笑う」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

昨年12月5日昼に第1回が放送され、3月9日にゴールデンSPが放送された特番『THE鬼タイジ』(TBS系)。同番組が、フジテレビ系の不定期特番『逃走中』のパクリではないかと、ネット上で物議を醸した。

同番組は、遊園地を舞台に、各所に潜伏した60体の「鬼」を退治するアトラクション型番組。プレイヤーは2人1組でチームを組み、1台ずつ所有している巨大な銃で、襲いかかってくる鬼を退治していく。鬼は1体退治するごとに5万円の賞金が獲得できるが、襲われてしまうとその時点で失格。また、途中にはドローンによる追跡や弾切れといった要素もあり、視聴者をハラハラとさせるゲーム要素がてんこもりだ。

ここまでの説明で、すでにピンとくる方もいるだろう。この番組、賞金を獲得し、鬼から逃げるといったルールで、「逃走中」に極めて近い性質を含んでいる。さらに、蛍光カラーの衣装やヘッドギア・ベストといったアイテムも、「逃走中」出演者の衣装ウリ二つ。極めつけには、低音で淡々と説明するナーレションが、本家を意識しているとしか思えないものだった。

あまりのパクリっぷりに笑ってしまう視聴者も

参加者の失格情報は携帯電話で通知されるのだが、なんと、この着信音は「逃走中」のそれと全く同一の音。もはやありとあらゆる部分が「偶然」で片付けるには被りすぎており、ネット上には

《どうでもいいけどパクリにも程がないか?》
《THE鬼タイジって番組、逃走中の丸パクリで笑う ナレーションの人も発信音も何もかもパクリでここまでいくと笑える》
《鬼タイジって、アレのパクリだねw》
《TBSのTHE鬼タイジって新番組、明らかにフジテレビの逃走中のパクリなんだけど… 携帯の着信音までそのままでウケるw》
《これだけあからさまなパクリ番組、久し振りだから逆にワクワクするw》

などの声が噴出した。

「2008年、フジテレビが民放No.1だった頃、TBSは当時大人気だった『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)から明らかに影響を受けた、ショートネタを立て続けに流す番組『お笑いメリーゴーランド』を放送。翌09年放送の『CARS』はさらに酷く、言い逃れできないほど『ネプリーグ』を丸パクリしていました。一方、フジも昨年11月放送の『オチルナ!!』が『SASUKE』のパクリではないかと炎上したので、両者は互いにパクりパクられを繰り返しているようです」(TV誌記者)

独自の企画を提案する優秀な人材が、TV界で枯渇しているのかもしれない。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】