竹内涼真“ぶりっこ”封印? ワイルド路線も「色気を1ミリも感じない」

竹内涼真 

(C)まいじつ 

俳優の竹内涼真が、3月9日に自身のインスタグラムを更新。上半身裸にジャケットを羽織ったショットを投稿し、ネットでは批判の声があがっている。

竹内はネイビーのジャケットに、時計ブランド『ゼニス』の新作を装着した写真をアップした。

昨年『ゼニス』のアンバサダーに就任した竹内。メンズマガジン『GQ JAPAN』のインタビューでは、《高校生のとき、父に連れられてゼニスのブティックに行って以来、僕にとってゼニスは大人の憧れのブランドだったんです。それがまさかアンバサダーになるなんて思いもしませんでした(笑)。『デファイ』をつけるようになって、いいもの、上質なものを身につけていることが自信につながったような気がします》とコメント。

また、《なんとなく大人の時計というイメージがあって、だから何度つけてもしっくりこなかったんです。でも今日つけてみたらすごく馴染んでいるように感じました。やっと時計に見合うような年齢、中身になったんですかね》と喜びを語っている。

竹内涼真は“構ってちゃん”?

この投稿に、ファンからは

《ヒゲあるとやっぱ大人っぽくなりますね! かっこいい》
《セクシーですね! 美ボディすぎて目の保養です》
《ヒゲ生えてからもっと魅力に気づきました》
《ギャランドゥ苦手だけど、りょうまくんなら普通に似合ってますね~》

などといった声あがっている。しかし一方で、

《アラサーになってぶりっ子おじさん封印?》
《イメージ上げよう!ってキャンペーンなの? もう爽やか路線は無理だから、ワイルド路線なの?》
《完全に自分に酔ってるな。こっちが恥ずかしいわ》
《ナルシストなところ申し訳ないけど、竹内涼真からは色気を1ミリも感じない》

などと非難の声もあがっている。

「竹内は、女優の吉谷彩子と同棲していたにも関わらず、モデルの三吉彩花と交際疑惑が浮上。さらに、金銭トラブルも報道されました。最近では、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演し、自己都合で一時収録をストップさせたと週刊誌が報じるなど、〝お騒がせ芸能人〟としての一途を辿っており、好感度も急降下。以前のような爽やかキャラでは通用しないので、本人も思い切って路線変更を考えているのかもしれません」(芸能記者)

『GQ JAPAN』の取材では、《どう見られたいかではなく、どういう自分を見せたいか、何を発信すればいいかを考えるようになりました》と強弁していた竹内。しかし、汚名返上のため躍起になっているが現状なのかもしれない。

【あわせて読みたい】