阿部華也子が顔を“真っ赤”にして…「パワハラ問題」が浮上した芸能人ニュースランキング

ムロツヨシ 

(C)まいじつ

自身の評判を落とすことにもなりかねない、人気芸能人たちのパワハラ疑惑。一方、〝された側〟には同情の声が殺到して、好感度がアップする場合も…? 旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった芸能人の〝パワハラ問題〟にまつわる記事をご紹介します(3/10配信まで集計)。

1位 『めざまし』阿部華也子“レポート中”に異変…「立派なパワハラだ」

『めざまし』阿部華也子“レポート中”に異変…「立派なパワハラだ」

2位 ムロツヨシのパワハラを告発!“業界評価”最悪で人望の無さが浮き彫りに…

ムロツヨシのパワハラを告発!“業界評価”最悪で人望の無さが浮き彫りに…

3位 『スッキリ』ジャガー横田夫婦の息子がグレた?「パワハラ親父の責任」と呆れ声

『スッキリ』ジャガー横田夫婦の息子がグレた?「パワハラ親父の責任」と呆れ声

4位 ヒロミ“ジャニタレ”にガチ説教で批判続出「公開パワハラだ」

ヒロミ“ジャニタレ”にガチ説教で批判続出「公開パワハラだ」

5位 『ミヤネ屋』宮根誠司が女子アナ公開説教!?「これは完全にパワハラ」

『ミヤネ屋』宮根誠司が女子アナ公開説教!?「これは完全にパワハラ」

6位 西野亮廣“一般女性”を公開処刑! 正当性を訴えるも「パワハラ気質なんだ…」

西野亮廣“一般女性”を公開処刑! 正当性を訴えるも「パワハラ気質なんだ…」

7位 カンニング竹山“マネージャー”に暴言連発! パワハラが隠し撮りでバレる

カンニング竹山“マネージャー”に暴言連発! パワハラが隠し撮りでバレる

8位 『ヒルナンデス!』批判殺到! 滝アナへのイジメ&パワハラで「単なる侮辱」

『ヒルナンデス!』批判殺到! 滝アナへのイジメ&パワハラで「単なる侮辱」

9位 『ロンハー』フジモンがパワハラ!? デリカシーのない言動にブーイング

『ロンハー』フジモンがパワハラ!? デリカシーのない言動にブーイング

10位 後輩芸人が“硬直”!『水ダウ』説教ドッキリに「パワハラ」「かわいそう」

後輩芸人が“硬直”!『水ダウ』説教ドッキリに「パワハラ」「かわいそう」

11位 『アッコにおまかせ』新人アナを公開イジメ!?「パワハラ」「何が楽しいの?」

『アッコにおまかせ』新人アナを公開イジメ!?「パワハラ」「何が楽しいの?」

12位 『ミヤネ屋』宮根誠司の“理不尽な叱責”に非難の嵐!「パワハラじゃん…」

『ミヤネ屋』宮根誠司の“理不尽な叱責”に非難の嵐!「パワハラじゃん…」

13位 金曜ロードSHOW『プラダを着た悪魔』はパワハラ映画!?「何一つ共感できない」

金曜ロードSHOW『プラダを着た悪魔』はパワハラ映画!?「何一つ共感できない」

14位 『くりぃむ』上田のパワハラが原因!? 奇声をあげ続けるジャニーズに非難

『くりぃむ』上田のパワハラが原因!? 奇声をあげ続けるジャニーズに非難

15位 トム・クルーズのブチギレに称賛の声! 日本人は“パワハラ慣れ”しすぎ!?

トム・クルーズのブチギレに称賛の声! 日本人は“パワハラ慣れ”しすぎ!?

ムロツヨシは業界内でも嫌われていた!?

1位に選ばれたのは、2020年に〝出会いバー10分濃厚キス〟をスッパ抜かれたタレント・阿部華也子にまつわる話題。2021年1月20日、阿部は『めざましテレビ』(フジテレビ系)にレギュラー出演。「大寒」のこの日は、暦の上で、1年でもっとも寒いと言われている日。東京は最高でも10℃に届かず、最低気温は0.2℃と、やはりかなり寒い予報でした。

原稿を読み上げる阿部の様子からも寒さがひしひしと伝わり、外でのリポートには厳しい環境だったもよう。すると、徐々に阿部の顔はキスで興奮するかのごとく紅潮。どうやら、露出している顔部分が、寒さのあまりしもやけのように赤らんでしまったもよう。

放送後に更新された番組ツイッターにも、阿部は寒さで顔を赤らめた状態で登場。その見た目は悲痛さすらも感じられるほどで、ファンからは「もう立派なパワハラだよ」や「鼻の頭が真っ赤!」など同情する声が殺到。コートやマフラーで防寒していたとはいえ、それではしのぎ切れないほど寒かったのかもしれません。

続いて2位に選ばれたのは、強制性交等罪で逮捕された新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)を庇って大炎上した過去を持つムロツヨシ。世間でも知られている通り、ムロはお調子者キャラで明るく、芸能界にも多くの交友が。しかし、最近はこれが行き過ぎているようで、2021年2月16日発売の『週刊女性』はその一端を伝えています。

「記事に書かれているのは、映画会社の関係者談。証言によると、ムロは『俺は出世するスタッフを見抜ける』と豪語し、撮影現場で若手スタッフをターゲットにして、周囲に『今から○○くんが面白いことしまーす!』と叫んで一芸させる無茶振りを繰り返しているそう。ムロとしてはコミュニケーションのつもりなのでしょうが、関係者は現場の影響を懸念。このご時世、公衆の面前でスベったりギャグをさせたりし、恥をかかされることは、立派な〝パワハラ〟にあたると心配を口にしています」(芸能記者)

ついに、業界内からも〝性悪エピソード〟がリークされるようになったムロ。その証言からは、業界内での人望の無さがうかがえると言えそうです。新井の擁護で猛批判を浴び、一度は失脚しかけましたが、その後も主演ドラマやCMに恵まれたため、「やらかしても意外と大したことない」とふんぞり返ってしまったのかもしれません。

今後、どんな芸能人のどんな〝パワハラ問題〟が話題になるのでしょうか?

【あわせて読みたい】