週刊新潮も認めた、石原さとみの日本・中国人気! 秘密は「ナマコ唇」にあり

「月9はフジの看板ですから15%前後はほしい。でも、剃髪どころか、ただの長髪で出ている僧侶役の山下智久が大不評。このうえもない違和感で、視聴率がサエないのは山下のせいだと評判です」(テレビライター・小林タケ氏)

しかし、石原は人気はとどまるところを知らず、中国でもドラマの反響がある。中国では放送直後から裏サイトでドラマが見ることができる。日本では考えられない非常識ぶりだが、それもこれも石原人気のせい。

「中国人はシャープな顔立ちより、モッチリ艶っぽい感じのルックスが好み。その点でいくと石原の顔立ちは向こうの好みに当てはまる。裏サイトに流れるのは問題ですが、それだけ彼女に人気がある証明でしょう」(前出・小林氏)

もちろん、石原の人気は日本でも絶大だ。本サイト『まいじつ』(10月22日付配信)では、彼女を『芸能界3大美女』の1人として位置付けしている。

「身長が157cm、スリーサイズはB85・W58・H82というグラドル並みのボディー。しかも、肉厚な唇が印象的なところから“タラコ唇”と評するマスコミもありますが、それは井上和香についたアダ名で少々古い。やはり『週刊実話』が命名した“ナマコ唇”や“ナマコ娘”がピッタリ。20代女優では群を抜く色香じゃないですか」(芸能ライター・蛯名康雄氏)