『音楽の日』GLAYの“意味不明なMC”に混乱「ん? 何言ってんの?」

(C)Dean Drobot / Shutterstock 

4人組ロックバンド『GLAY』が、3月11日放送の『音楽の日』(TBS系)に出演。24年前にリリースした懐かしい曲を披露してファンを沸かせた。しかし、歌の終わりにボーカル・TERUが放ったメッセージに、視聴者は「意味が分からない」と首をひねった。

同番組は、宮城セキスイハイムスーパーアリーナから生放送。GLAYは今年リリースの『SHINING MAN』を披露し、司会の中居正広と安住紳一郎アナウンサーに対面し、1997年リリースの『生きてく強さ』を紹介した。以前、同アリーナでライブを開いた際にリクエストが殺到し、急きょ演奏した曲だという。

TERUの「生きてく強さでいこうぜ!」に「よくわからない」

GLAYは曲をフルコーラスで披露。サビ前にTERUは「OK、いこうぜ!」「OK、東北いくぞー!」と煽りを入れていく。そして曲の終わりの歌詞「あなたを迎えに行く」を口にした直後、TERUは両手を広げステージ方向を指さし、裏声交じりに「サンキュー! 生きてく強さでいこうぜ!」と叫んで曲を締めた。

中居は事もなげに「早くお客さんが入れる環境に戻ってほしいと思いました」とまとめた。一方視聴者は、「生きてく強さでいこうぜ」という言葉の意味がよく分からないと一時混乱していた。

《最後の最後に、生きてく強さで行こうぜ~!って意味がわからなくて、お変わりなく…》
《生きてく強さで行こうぜーー! ん? 何言ってんの?》
《よくわからないこと言ってる》
《…いや 大好きなTERUさんの一言なんだけど、冷静になると???》
《「生きてく強さでいこうぜー!」は「強く生きていこうぜー!」に翻訳で合ってます?》
《世間的には「?」だと思うけど、GLAYファンには日常》
《生きてく強さでいこうぜ! 普通にスルーしてたけど確かに変だな》
《TERUさんのMC毎回意味わからんけどほっこりする》

ファンの反応を見る限り、TERUの天然はいつものことであるようだ。

【画像】

Dean Drobot / Shutterstock

【あわせて読みたい】