ウエンツ瑛士が事実上のクビに…日本テレビの“非情な改編”が話題

ウエンツ瑛士 

(C)まいじつ 

3月10日、日本テレビが4月期「番組改編説明」をリモートで行い、バラエティー番組『火曜サプライズ』の後番組について発表した。ネット上では「実質的なウエンツのクビ」という声があがっている。

3月23日の放送をもって終了する『火曜サプライズ』。同番組にはウエンツ瑛士、山瀬まみらがレギュラー出演。また、18年9月からイギリス留学のためにウエンツが抜けると、その穴を埋めるためにヒロミがレギュラーに。その後、ウエンツが帰国してからもヒロミはレギュラーとして出演し続けている。

そして今回の「改編説明」では、そんな『火曜サプライズ』の後番組として、ヒロミMCの『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』がスタートすると発表された。ヒロミは同枠に残り続けるが、ウエンツと山瀬は実質的な降板となる。

実質的にウエンツと山瀬まみを解雇?

するとネット上では、

《ウエンツつまんなかったもんな》
《これはウエンツが使えないと判断されたんだな》
《ウエンツが切られただけじゃん》
《ウエンツだけクビって事は、途中で仕事ほっぽりだして海外留学したウエンツに局は怒ってるのか》
《ウエンツと山瀬を体良く解雇しただけやん》

など、2人がクビになったとの指摘が相次いでいる。

「ウエンツは演技を学ぶためにイギリス留学をしたと明かしていますが、帰国してからの仕事は相変わらずバラエティーばかり。また、好感度の高さや空気の読める振る舞いをウリにしていたにも関わらず、最近では『ウエンツがなぜここまで優遇されるのか意味分からん』『芸もなくしゃべりもどこがウケるのか、正直分からない』といった疑問がよくあがるようになりました。タレントとしての寿命が近づいている感じがしますね」(芸能記者)

イギリス留学はキャラ変のタイミングとしては絶妙だったのだが…。

【あわせて読みたい】