『スッキリ』不適切表現で日テレが謝罪! しかし視聴者の怒り収まらず…

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

3月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、〝アイヌ民族〟に対する不適切な発言が。それに伴い、同日のニュース番組『news every.』(同系)で謝罪が行われたものの、ネット上では厳しい声が相次いでいる。

その日の『スッキリ』は、動画配信サービス『Hulu』で配信されるアイヌ女性のドキュメンタリー『Future is MINE -アイヌ、私の声-』を特集。その際に番組に出演していたお笑い芸人・脳みそ夫が、〝なぞかけ〟で「この作品とかけまして動物を見つけたときと解く。その心は『あ、犬』」と言い放つ。この件を受けて夕方の「news every.」では、藤井貴彦アナウンサーが代わりに謝罪を行うのだった。

日本テレビの無知による失言

『スッキリ』制作陣は知らなかったようだが、民族名に〝犬〟をつけることは昔から続く侮辱用語。この不適切な発言や、脳みそ夫ではなく藤井アナが謝罪したことに対して視聴者は怒りを覚え、ネット上には、

《配慮が無くて小学生レベル。芸人としてそれで良いのかな。芸人同士なら単なる前振りですが、民族名や個人名などのネタとして準備して来たのならちょっと痛いです》
《無知は差別を生むとは言え、無知は無知。ゴーサインだした局も悪い。しかし自分の民族を犬と呼ばれて喜ぶやつはいないんじゃいかな》
《問題となる表現は、実際に差別やいじめとして使われてきた言葉だったということ。発言した人や発言を許した人達に全く悪気はなかったとしても、結果的に、多くの人の心を傷つけることになってしまったことは残念です》
《言葉は使い方を間違えると本当に怖い。最近は政治家の失言とかも多いから、本当に気を付けないと大変なことになる》
《不適切発言をわざわざ最近株を上げてる藤井アナに謝罪させるとはいかにも日テレらしい。いやらしい演出に嫌悪感しか感じない》

などの批判が殺到している。

「今回の件をうけ、『北海道アイヌ協会』の幹部が13日に緊急集会を開いたようです。そこで大川勝理事長は『憤りを感じ、大変遺憾である。このまま終わらせる訳にはいかないので、きちっとした対応を日本テレビにしてもらいたい』とコメント。日本テレビが思っている以上に、事態は大きくなってしまったようですね」(芸能ライター)

無知はしょうがないが、恥じるべきことでもある。今回の件で気が引き締まった人も多いことだろう。

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】