田中みな実『ジョブチューン』卒業! 女優への転身に冷笑「なんか勘違いしてる」

田中みな実 

(C)まいじつ 

3月13日放送の『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)で、約8年間進行を務めた田中みな実が番組の卒業を発表。女優業に力を入れるとのことだが、ネット上では「思い上がるな」などと辛辣な声があがっている。

田中の卒業が明かされたのは、番組終盤のこと。「放送開始から8年間進行を務めた田中みな実さんが番組を卒業」とナレーションが入ると、田中は「ありがとうございます」と微笑んでみせる。

すると番組MCの『ネプチューン』名倉潤が「8年間どうもお疲れさまでした。ありがとうございました」と花束を渡し、田中を労う。これに田中は涙を浮かべながら「こんなに悲しい気持ちになると思わなくて…」「これからも頑張ります。番組も、これからもどんどん成長していってください」と返答。この発言を受けて名倉は「女優で頑張って!」と激励の言葉を送るのだった。

女優としては無理? 伝説のドラマに出演していたが…

田中の卒業や本格的に女優業への転身をニオわせる身の振り方に、ネット上では、

《すげー上から目線でびっくりした。さすが女優さん。笑》
《うーん、なんか勘違いしてるよなぁ。ジョブチューンからのスーンとした卒業の仕方も鼻についた》
《田中みな実、更に調子のって女優気取りに変えるのか》
《田中みな実さん自然体の時は好きだけど女優は…。高尚なインフルエンサーとして生きていきゃいいのに》
《実力は今のところかなり微妙だし。聞き上手で気配りできるし、MCとか司会の方が向いてる気がするんだよな》

などと冷笑する声が続出している。

「田中は3月に『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(TBS系)も卒業予定。本格的に女優に転身するつもりなのでしょう。『ジョブチューン』では『成長していってください』などと上から目線でコメントをしていましたが、女優としてやっていくつもりなら成長が必要なのは田中の方。彼女は爆死ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で、準レギュラー的な存在である姫野礼香を演じていたのですが、演技が下手すぎると悪い意味で評判に。あれから演技がマシになっていればいいのですが…」(芸能ライター)

バラエティーの司会などで確固たる地位を築いていたにもかかわらず、それらを捨てて新しい一歩を踏み出した田中。おそらく茨の道になるだろうが、彼女の女優としての活躍に期待したいものだ。

【あわせて読みたい】