滝沢カレン“レギュラー番組”終了にブチ切れ!「男だったらパワハラ案件」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

タレントでモデルの滝沢カレンが、3月13日放送の『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)に出演。スタッフへの〝ブチ切れエピソード〟を明かし、さまざまな声があがっている。

この日の番組には、落語家でタレントの笑福亭鶴瓶がゲスト出演。MCの講談師・神田伯山から「私とカレンさんの(番組でのやり取りの)感じってどうですか?」と尋ねられた際、「番組は見ていなかった、でも絶対、(番組)やめたらアカンわ」と2人を絶賛した。すると、伯山の口からは、「実は鶴瓶師匠、この番組、次回で最終回…」と衝撃の事実が明かされた。

続けて伯山は、「カレンさんが『(番組)終わります』って(スタッフから)聞いたら、ゴミ箱蹴っ飛ばしたらしいです。怒っちゃって。喜怒哀楽の〝怒〟の方にいくっていう…」と、滝沢の衝撃エピソードを披露。これに対し、滝沢は「そのことは本当です」と、笑顔で回答。番組終盤、鶴瓶が滝沢に「(番組が終わって、伯山が)違う人とやってるの見たらどう?」と問いかけると、「テレビ壊します」と納得のいかない表情を見せていた。その言葉を聞いた伯山は、「すげえ、愛されてたんだな」と、回顧した。

滝沢のエピソードに、視聴者からは

《笑顔で認めてるとか普通にホラー》
《物に当たる人苦手。物に当たらなくても怒りの感情コントロール出来ないって怖いよ》
《スタッフの前でゴミ箱蹴り飛ばしたんですかね…男だったらパワハラ案件だね》
《家の外で怒りをおさえられない人ってどうなの?》

などと、突拍子もない行動にドン引きする声があがっている。

番組の“打ち切り理由”に疑問の声

しかし一方で、

《正直、もっと終わるべき番組が沢山ある中、なぜ『伯山カレン』を終わらせるのだろう。出演者の二人の都合ならまだしも、打ち切りだとしたらテレビ制作のセンスが無いと思う》
《いきなり言われたらそりゃショックだよね。最初の段階で聞かされなくても、もう少し早めにと思ったんじゃないかな。ゴミ箱に八つ当たりしたいくらい、残念がってるってことは決して悪い意味に捉えないで欲しい》
《カレンちゃんが普通の口調で自然体で話していた番組なのでとてもかわいらしく見えた。それは伯山さんが普通にカレンちゃんに接していたからだろう。すごくもったいない気がする》
《終わればいいのにと思う番組が継続し、見たくもない新番組のカオス。視聴率も好感度もある番組の突然の終了に、タレントも視聴者も困惑。新番組に期待も持てないし、これじゃTV離れするわ》

などと、制作陣に対する疑問の声もあがっている。

「今期は、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)や『夜の巷を徘徊しない』(テレビ朝日系)などのロケ番組が、一斉に終了する傾向をみせています。これは、視聴率の低下や新型コロナウイルスによる番組存続が危うくなったことを考慮すれば仕方のないこと。しかし、普段はユニークなキャラで視聴者をたびたび驚愕させる滝沢にとって、『伯山カレン』では、《カレンちゃんの素が見られることがよかったのに》と惜しむ声が続出しています。無意味な〝ヤラせ〟疑惑が問題となり、視聴者が不信感を抱く番組が数多くあるなかで、伯山との有意義な掛け合いが見られたこの番組は、貴重だったことでしょう」(芸能記者)

近頃、自身のレシピ本『カレンの台所』の出版をはじめ、腹話術、ヒューマンビートボックスなど、多彩な芸に取り組む姿勢が評価されている滝沢。売れっ子タレントとして引く手あまただろうが、いずれどこかで伯山との共演を見せてほしいものだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】