有吉弘行が“渡部建”を擁護? 番組で豊洲バイトに言及「優しさしかない…」

有吉弘行  渡部建 

(C)まいじつ 

昨年発覚した多目的トイレ不倫で表舞台から消え、未だ復帰の目処が立たないほど逆風にさらされている『アンジャッシュ』の渡部建。3月12日、彼と長年親交のある有吉弘行が『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、またも渡部の話題を出した。

番組中、「タモリおすすめの店は外さない安心感がある」という話になると、有吉は「タモリさんってやっぱグルメって認識されてる」「『渡部がオススメ』って言われてるのってさ、食べログで点数高いだけでしょ」とコメント。「タモリさんってそんな感じしない。独自でちゃんと、って感じ。芯が決まっている」と続け、タモリに対して渡部は軽いと腐していく。さらには、「なに豊洲でバイトして叩かれてんの?」と、渡部に報じられた豊洲アルバイト報道にも言及した。

その後、スタジオで高級タラバガニを試食すると、有吉はここでも渡部に言及。以前、カンニング竹山にカニ料理を奢ってもらった際、会計が30万を超えて「ブチ切れられた」と明かす。この原因というのが、他でもない渡部。渡部はその店を紹介した張本人なのだが、数匹しか水揚げされない高級カニを仕入れるよう、事前に店へ頼んでいたのだという。

渡部建への擁護に「愛を感じる」

全体的に手厳しい口調だったが、有吉が渡部を腐すのは、彼の謹慎前からお決まりだった展開。しかし、これを現在も続ける点に視聴者は〝渡部愛〟を感じたようで、ネット上には

《有吉がかりそめ天国で定期的に渡部の話出してるの、優しさしかないよな…》
《かりそめ天国、2週に1回は渡部の名前出てくるのすき》
《グルメの話になって、来るぞ来るぞ…と思っていたら案の定の渡部さん話!》
《渡部さんの話題が地上波で流れるのはかりそめ天国だけ》
《さすがの有吉も渡部の豊洲の件は擁護したか。 ってそりゃそうか。なんぼなんでもあれはひどいもんねw》

といった声があがった。

「芸能レポーターの井上公造氏は、渡部の豊洲報道が批判された理由を『不義理』と分析しています。何でも渡部には、予約困難な店の紹介を受けるなど、公私に世話になっていた業者がいたそう。しかし、バイトしたのはこことは別の業者な上、この恩人に連絡1つ寄越さなかったそうです。井上氏は、こうした不義理により、彼を救いたがっている多くの飲食関係者も悪い印象を持つようになったと暴露しました」(芸能ライター)

『笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)での復帰がお蔵入りとなってしまった今、「かりそめ天国」で果たすしかない!?

【あわせて読みたい】