『バイキング』高橋真麻“病床増やそう”発言で炎上「コメントとして浅すぎ」

高橋真麻

(C)まいじつ

3月15日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に、元フジテレビアナウンサーの高橋真麻が出演。新型コロナウイルスをめぐる医療機関の対応について苦言を呈す一幕があり、ネット上でバッシングを受けているようだ。

問題になっているのは、新型コロナウイルスの感染者数がリバウンドしている中で、21日に予定されている緊急事態宣言の解除がどうなるか議論を交わすシーン。そこで高橋は新型コロナウイルス感染患者を受け入れる病床数について、持論を語っていく。

高橋は政府の対応が遅すぎると前置きすると、顔をしかめながら「医療業界も、もちろん頑張ってくださってると思うんですけど、もっと頑張って政府と一緒に病床数を増やす努力をすべきだと思っていて…」とコメント。MCの坂上忍が「現実問題難しいところは…」と医療現場をフォローしようとすると、高橋は食い気味に「医者の友達に聞くと、ほとんどの大きな病院はやっぱりコロナ病床作りたくない」と知人から聞いたという情報を披露する。

そして、新型コロナウイルスの病床を作ることは、病院にとって旨味がないという前提のもと、「旨味とかじゃなくて、そうじゃなくて、みんなで病床を増やしましょう。助け合いましょうっていう方向に、政府も医療業界も同じ方向を見なくちゃいけないと思ってるので、そういう頑張り方が必要」と発言。その口ぶりは、医療業界の頑張りが足りていない…と言いたげなものだった。

コメンテーターに不向き? 高橋真麻にブーイングの嵐

すでに限界ギリギリのところで働いている医療従事者に、鞭を打つような高橋の発言。それを不快に感じた人も多いようで、ネット上では、

《病床増やせって言っていたけど…医療現場で働く人たちは、心身共に削ってやってるんだから、それに経営困難、給料減少なんてなったら、スタッフやめるよ。そう言うなら、あなたが補助金下さい》
《医療業界は頑張ってるぞー。お前は何を見て聞いてその発言ができるんや? もっと医療業界は協力して頑張れ? じゃあ言わせてもらうわ。お前らが密になる場所に行ったりしなけりゃ感染爆発は防げるんやで》
《スゲーな、高橋真麻さん。言われなくても頑張ってると思うけど、医療機関はまだ頑張らなきゃいけないの? 倒れちゃうよ》
《高橋真麻の意見はもっともな事を言ってるようで、自分の身だけ守ればコロナに感染しない人間の意見だよね》
《旨味なくても大きい病院はコロナ患者を受け入れる努力しろって言うが、民間は赤字になれば潰れます。個人の収入にも関わることだし、コメントとして浅すぎて苦笑いしかできないや》

などと、烈火のごとく高橋を責め立てる声があがっている。

現場の苦労を顧みず、美辞麗句を並べて視聴者から反感を買ってしまった高橋。「旨味がなくても協力するべき」と医療従事者に言うのならば、まずは彼女自身がその精神を体現すべきかもしれない。

【あわせて読みたい】