中条あやみ出演『GU』特別CMに難癖!「理念をまったく理解していない」

中条あやみ 

(C)まいじつ 

ファッションブランド『GU』の新テレビCM『ファッションは自由だ。』篇が3月8日に公開され、ネット上で物議を醸している。

同CMは女優・中条あやみ、松本まりか、斉藤美和、ゆりやんレトリィバァ、海音、佐藤かよ、AYA、福士マリをキャストに迎え、ファッションを通して女性のエンパワーメントと『SDGs推進』に貢献することを目的に公開。「中条あやみ、なんかキライ」「最近のゆりやん笑えない」「松本まりか? あざとくない?」といったSNS上での批判的な声を、「嫌いは好きのはじまりかも!」「笑わせたる!」「本当の私、知りたい?」などと、前向きなメッセージに変える出演者たちの姿が印象的だ。

「CMは『国際女性デー』である8日に、1日限定でテレビ放映されました。SNS上で批判に晒された8人のキャストたちが清々しい表情で前向きなメッセージを発信していく姿に、多くの人が共感しています。8人は実際にアンチやさまざまな批判を受けており、リアリティーがありましたね」(エンタメ誌記者)

この動画に、ネット上では

《めちゃくちゃ励まされてる! ありのままの自由っていいですね!》
《めちゃくちゃいいCM。前向きになれます》
《この広告スキップせずに見入りました。素敵なCMありがとうございます》
《こんな女性になりたいなって思った! かっこいい》

などといった称賛の声が寄せられている。

キャスティングに無理がある?

しかし一方で、

《このCM、侮辱されても女は悲しまず怒らず笑顔で前向きに、というメッセージでしかなくて、〝女性の政治的自由と平等のためにたたかう〟国際女性デーの理念をまったく理解していなくて悲しくなった》
《作られたものであぁいう切り返し言わせるのは何だかなぁって感じ。「普通に傷付く」人が弱い人みたいになってない?》
《中条あやみ他出演者がSNSで悪口言われてるのに対して、「私気にしません」って、全員元々自己肯定高い人だから、そりゃ匿名の自分より下の人間からなんか言われても気にもしないんだから、あたりまえじゃん》

などといった厳しい意見も見られる。

松本は撮影後のインタビューで「ネガティブな声って世界にすごく溢れていると思います。ですが、今回のCMでは『ネガティブに勝つ方法は、戦うのではなくて自分らしさの個性を貫くこと』と教えられた気がします。ある意味簡単で誰でもできるし、誰も傷つけずに自分自身が一番輝ける方法。そのメッセージが短い間に詰まっていて、いろんな女性が個性を貫いていく姿が清々しく、かっこいいと思いました」と語っていた。

現代において、すべての人に支持されるのは不可能なことかもしれない。今回のCMに寄せられた批判コメントを見ていると、現代の縮図を覗いているような気もする。

【あわせて読みたい】