“のん”CMタレントに専念? タワマン生活で明らかになった懐の暖かさ

のん 

(C)まいじつ 

女優・のんが超豪華タワーマンションに帰宅する姿を、3月16日発売の写真週刊誌『FLASH』が報じて話題になっている。

記事によるとのんは、2015年に事務所独立騒動の際に注目された演出家・T氏と、都内にある地上50階以上の大型タワーマンションで同居しているという。マンションの広さは70平米で時価は1億円超、賃貸なら家賃は月40万円以上する高級物件だそうだ。

「事務所独立騒動以降は芸名を能年玲奈からのんに変え、細々と創作や音楽活動を続けてきましたが、その懐は思った以上に暖かいようです。現在、岩手銀行やロート製薬、ファッションブランド『UNIQLO』などのCMに出演し、年収は一流女優並みの1億円以上稼いでいるといいます。テレビドラマの出演こそ少ないものの、今年に入ってからだけでも10本以上のCMに出演。また、中国でNHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』が再注目されている様子。これだけ人気になっていれば、もはや地上波ドラマなど眼中にないのかもしれません」(芸能記者)

もっとも、ファンにとっては、複雑な気持ちのようだ。ネット上では、

《最近、やたらとCMで見るようになったけど、結局、ドラマは干されたままだよね。このままじゃただのCMタレントになっちゃいそう》
《いっときに比べて目にする機会は増えたけど、なんだか「周縁部」をぐるぐる回ってる感じ。そろそろ「中心」に戻らないと「伝説」のまま萎れてしまうよ》
《CMはスポンサーが気に入ればバンバン仕事が入るだろうけど、ドラマや映画はそうはいかないんだろうな。芸能界の闇を感じるわ》
《これじゃ女優を名乗るのもどうかと思うよ。もうドラマに復帰するのは無理なのかな》

などと、いまだドラマに出演できないのんを心配する声があがっている。

のんの“洗脳疑惑”が再燃

また、11日にはNHKの『ニュース7』にゲスト出演し、東日本大震災の発生から10年が経過した東北地方に「いま、外出が制限される状況下ですが、いつか晴れ晴れと外出できる日が必ずやってきます。東北の自然や、おいしい食べ物や、空気に触れていただきたいと願います」と心境を語ったのん。しかし、ネットを含め大きな話題になることはなかった。

一方、「あなたは女優にならなきゃ生ゴミね!」とのんにダメ出ししたことから〝生ゴミ先生〟と呼ばれている演出家・T氏については、いまだのんへの〝洗脳疑惑〟がくすぶっている模様。ネット上では、

《本来ならあまちゃんの主役はのんだったんだから、現在の有村架純あたりのポジションにいても不思議じゃなかったのに。変なのに引っかかっちゃったイメージ》
《本名を使えなくした元事務所も問題。そこまで追い詰められたら、洗脳は強くなるしそんな状態の彼女にはその先生だけが救世主に見えてるんじゃないかな》
《洗脳かどうかは知らないが、この前NHKに出てた時の話し方やコメントが何か普通じゃない感じだった》
《変なしがらみに惑わされず、自由に活動できているのはむしろ幸せかもしれない》

などとさまざまな声があがっている。

T氏との蜜月が続く限り、ドラマでの復帰はまだまだ先になりそうだ。

【あわせて読みたい】