アンジャ渡部“宮迫からのLINEスルー”に批判の声「それはダメ」「最悪だな」

渡部建 

(C)まいじつ 

3月7日に『オリエンタルラジオ』藤森慎吾が、自身のYouTubeチャンネルに動画をアップ。『アンジャッシュ』渡部建とプライベートで遭遇したエピソードを話したところ、渡部に批判の声があがっている。

今回藤森は『宮迫さんに藤森のトラウマ、アメトークの話をしました! 退所、闇営業の話一切ありません!』と題した動画を投稿。闇営業と虚偽証言と不義理でテレビから消えたユーチューバーの『雨上がり決死隊』宮迫博之をゲストに迎えた。

そして2人の思い出話で盛り上がった後、藤森が『王様のブランチ』(TBS系)で共演していた渡部の話題に。藤森が「連絡とかしてます?」と聞くと、宮迫は「長文でLINEしたけど既読にならなかった」と明かす。なぜなら渡部は騒動後にスマホを変えていたから。宮迫はそのことを後で人づてに聞いたようだ。

「自分から連絡して謝罪するのが当たり前」

一方の藤森は、散歩中に渡部に偶然出くわした時に、スマホを変えたことを本人から聞いたという。渡部は藤森に深々と頭を下げて謝り、「『携帯も実は変えちゃって、多分みんなから連絡もらってたと思うんだけど、それも一切返せずに申し訳なかったです』みたいなことだけ言われて」と、渡部からの言葉を明かしていた。

藤森はその後、渡部に「復帰してほしい」とエールを送っていたのだが、ネット上では渡部がスマホを勝手に変えたことに対して、

《不祥事起こして携帯変えても、迷惑かけた人や関係者には自分から連絡して謝罪するのが当たり前だと思うがな》
《いや騒動後携帯変えて全部無視してたのはちょっとダメだろと思ったな》
《妻にそうさせられたくらいしか理由浮かばんよな。むしろ謝罪やらなんやらで連絡先必要だろうに》
《携帯変えたってのも、周りの反応が怖くて何も見たくない聞きたくないって事だったんだろうなと思うけど、結局何から何まで逃げてるだけだったな。恥ずかしくてもちゃんと誠心誠意対応してたらすんなり戻れたろうに》
《渡部最悪だな。そりゃ芸能人からの助けもないはずだよ》

と厳しい指摘が寄せられている。

計算高い渡部にしては珍しい大ミス。それほどまでに追い込まれていたということなのだろうか。

【あわせて読みたい】