『千鳥』ノブの“歯”がヤバいと大反響「処理の途中?」「芸能人に多い」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

〝小汚いチンピラ〟キャラでおなじみの大人気コンビ『千鳥』のノブが、意外なところで注目を集めている。

注目されているのは、彼の〝歯〟だ。3月14日、2人はいつものように『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)に出演したのだが、一部視聴者から、この時のノブの歯が気になったという声が。よく見ると、ノブは上の歯だけホワイトニングで白くなっている一方、手を加えていないのか、下の歯が黄色くくすんだままだったのだ。

この対比は下の歯の汚さを際立たせてしまい、ネット上ですぐさま話題に。

《くさそう》
《処理の途中なんだろうな》
《芸能人多いよなこれ》
《差し歯にした芸人はおもんなくなる》
《なんで上だけやったんだ 両方やりゃいいだろ》
《ホワイトニングしとる途中なんだろ》

などの反応を招き、反響を呼んだ。

実は総費用200万円で歯列矯正

実はこの歯、ここへ来て注目されただけで、今にはじまったことではない。

「ノブは2019年4月の『チャンスの時間』(AbemaTV)で、総費用200万円の歯列矯正を始めたことを告白。上の歯が下の歯に覆いかぶさっており、将来、総入れ歯になる可能性があったそうです。あれから2年経っているのですから、矯正は済み、続いて漂白する段階に移ったのでしょう。ここから数カ月ほどかけ、今度は下の歯も白くなっていくのでは?」(芸能ライター)

また、こうした不自然な色合いになるのも、特に珍しくはないという。

「『バナナマン』日村勇紀から、坂上忍、『King & Prince』岩橋玄樹まで、歯の一部だけが白くなっている芸能人は無数に存在しています。分かりやすいのは、目に付きやすい前歯の4本だけ白く、それ以外は黄色いパターン。また、今回のノブのように、上だけ全て白く、下は黄色いパターンも分かりやすいですね。これは、インプラントやホワイトニングによるもで、全ての歯をインプラントにしたのが、新庄剛志やローランド。ただ、これはあまりに歯並びが一直線に揃うため、笑ったときに口元が引きつり、不自然に歯が出てしまいます。キャスターの小倉智昭や『A.B.C-Z』橋本良亮、『Sezy Zone』松島聡はこのパターンです」(同ライター)

そのうち、ノブの歯はすべて白くなるだろう。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】