藤原竜也『青のSP』最終回に酷評「浅い脚本」「茶番感がすごい…」

藤原竜也 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優・藤原竜也が主演のドラマ『青のSP ―学校内警察・嶋田隆平―』(フジテレビ系)が、3月16日の放送で最終回を迎えた。その内容に、やはりツッコミの声が寄せられている。

同作は学校内でのトラブルを解決していくスクールポリス・嶋田隆平(藤原)の姿を描いた、警察官と学園エンターテインメントがコラボしたドラマ。最終回では、1年前に起きた元美術教師・岡部(遠藤雄弥)が涌井美月(米倉れいあ)へ起こした暴行未遂事件が、美月と尾崎香澄(鈴木梨央)が企んだ事件だったと判明する。

その後、ひと悶着があったものの、体を張った隆平のおかげで事件は無事に解決。この事件は最終的にマスコミ沙汰に発展し、インタビューを受けた国語教師の浅村涼子(真木よう子)は「確かにこういった事件が起こった以上、スクールポリスは必要だと思われても仕方ない」「教師が叱るときは叱り、守るときは守る。それが本来の学校。スクールポリスは学校には必要ありません。私たちは、スクールポリスが必要のない学校をつくっていきたい」などと信念を語るのだった。

優秀な出演者たちのおかげ?

感動の最終回ではあったが、視聴者たちは終始脚本には疑問を抱いていたようだ。ネット上には、

《なんという浅い脚本》
《脚本ってドラマの心臓で、酷い脚本は藤竜レベルの役者でも殺してしまうことも実感》
《全部見たけど後半にいくにつれ、茶番感がすごかった。脚本があれなのか原作からあれなのか、役者の無駄遣いすぎる》
《結局何が言いたかったんだろう。日本にスクールポリス制度導入するならこんな事があるよ、みたいなのを見せてくれるのかと思いきや、めちゃめちゃ私情まみれなスクポリに、馬鹿みたいに問題の多い学校。挙句の果てにはスクールポリスは要りませんって!? なんじゃそりゃ》

などの指摘が続出している。しかし真面目に怒っている人とは違い、

《藤原竜也が藤原竜也っぽく暴れるのを見れたのでとても爽快でした》
《藤原竜也を楽しむためのドラマでしたね》
《納得いかないラストだったけど、藤原竜也の良さを再認識したドラマだったわ》

といった楽しみ方をしていた人も多い。

もともと同ドラマは、放送開始当時に菅田将暉主演のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に似ているとツッコミの声があがっていた。最初から最後まで高評価はなかったが、藤原のおかげで打ち切りは免れたのかもしれない。

【あわせて読みたい】