はじめしゃちょー“ガチクズ後輩”からの被害を告白「胸クソ悪い」「縁切って」

はじめしゃちょー 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

YouTube登録者数日本一を誇る、老若男女に大人気の国民的スター・はじめしゃちょー。彼が動画内で語った〝後輩〟の悪行に対し、視聴者から「縁を切った方が良い」と心配が寄せられた。

3月15日、はじめしゃちょーは『【恐怖映像】オレの後輩がガチでクズすぎる』と題した動画をアップ。実録番組系のテイストで本人出演の再現ドラマを作り、クズだという後輩の所業を紹介した。はじめしゃちょーが颯爽と街を歩いていると、その後輩は、路上駐車されていた車の下に隠れ、いきなり足を掴んできたそう。国民的スターの足に気安く触れるだけでも大罪だが、こうした奇行はその後も続いていく。

はじめしゃちょーは後輩を家に呼んだのだが、後輩はインターホンを取る約束を無視し、来客にも全く対応しなかったそう。また、電話が来たためゲーム対戦を中断しても、1人で勝手に再開してはじめしゃちょーのキャラを攻撃。「待つ」という行為ができないのだという。

「マジで怖い」「縁切れよ」と本気の心配が

他にも、一緒に歩いていて女性をナンパする、人の家でもトイレはドア全開、動画撮影のために借りた金でデートするなど、その行動はクズのオンパレードらしい。本人は「フィクションかノンフィクションかはあなた次第」としているが、諸々の要素からは実話であることが伺える。

視聴者は、国民的スターを無下に扱う身分を弁えない後輩に怒りが爆発。ネット上には

《はじめん優しいから色んな人が寄ってくると思うけど気をつけてね…》
《実話だったとしたら、本当に胸くそ悪いし、実話じゃなくてもいい気分ではない》
《判断するのはあなたですが、縁を切らないと後で必ず事件が起こるので縁を切ったほうがいいと思います》
《自分から見てて言うのもなんすけど、見てて気分が悪くなります》
《不快でしかない1回見放した方がいいと思う》
《これがもし実話なんだとしたら、絶対に縁切った方がいい。くずの領域を超えとる》

など、同情や後輩へのバッシングが広がっていった。

「類は友を呼ぶ」ということわざは正しいようだ。

【あわせて読みたい】