指原莉乃に批判! 疑惑アイドルが“最悪のタイミング”でグラビア披露…

指原莉乃 

(C)まいじつ 

アイドルグループ『=LOVE(イコールラブ)』のメンバー・佐竹のん乃の〝パパ活疑惑〟が、メディアから抹消された事件。なんとも後味の悪いまま、『=LOVE』が次におこなった仕事に呆れ声が広がっている。

3月9日に『文春オンライン』が佐竹の〝パパ活〟記事を公開。佐竹は交際クラブに登録し、10万円で肉体関係を結ぶ活動をしていたという。これを受けて、このグループをプロデュースしている指原莉乃が謝罪を表明。動画で「この度は週刊誌の記事に関しまして、皆さまにご心配をお掛けして申し訳ありません。記事の内容に関しましては大変ナイーブな内容のため、マネジメントが事実確認を丁寧に行っております。本人に関しましては、すでにグループを卒業しているメンバーですし、卒業前から公言していたように芸能界も引退します。ですので、彼女への個人的な取材はお控え下さい」とコメントしたのだが、なぜかこの動画はすぐに非公開になってしまい、公式ファンクラブ上でだけで公開されることになった。

さらに多くのメディアで、この謝罪動画に関連する記事が一斉に削除されるという、気味の悪い出来事が起こった。

ネット上で皮肉が飛び交う「パパ活のカタログ?」

そんな中で今回、『=LOVE』のメンバー全員が15日発売の週刊誌にて、〝決意のグラビア〟と称したお色気写真を披露した。メンバーの〝パパ活〟報道直後に、全メンバーのグラビアというタイミングの悪さに、ネット上では

《上級国民用カタログか?》
《パパ活のカタログ?》
《もう風俗のカタログにしか見えない》
《このタイミングでグラビアは逆効果だろw 見本市か?w》

といった皮肉が殺到。さらに指原に対しても

《早めにパパ活ニュース吹っ飛んで良かったね。指原ニヤニヤしてると思うわ》
《指原よくこんなタチ悪そうな仕事するよな》
《トンズラー指原》

などと批判的な声があがっている。

本当に今いるメンバーを守りたいのなら、しっかりと詳細を明かすのが筋だろう。このまま有耶無耶にしたままでは、悪いイメージがつく一方だ。世渡り上手な指原だけに、この対応には疑問が残るばかりである。

【あわせて読みたい】