LiSAは一発屋!? アンチ急増で「鬼滅が評価されただけ」と心無い声

LiSA 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

アニメ『鬼滅の刃』の主題歌が大ヒットし、アニメファンのみならず、広い層にその名を轟かせたアーティスト・LiSA。メディアでは〝アニソン界の女王〟などとも言われ持て囃されているが、その一方で最近は彼女のアンチが急増しているという。

3月15日にLiSAは、『SCHOOL OF LOCK!×LiSA MY GENERATION 2021』というラジオイベントを開催。10代のリスナーと、卒業ソングの定番『旅立ちの日に』を合唱する企画を実施し、同イベントはネットニュースなどで大体的に取り上げられた。

いわゆる〝アニソン歌手〟のラジオイベントが、ここまでの注目を集めるのは異例の事態と言えるかもしれない。かなりの大フィーバーっぷりを見せているが、世の中には〝出る杭を打たずには気が済まない人〟も一定数存在するのだ。

実際に今回のラジオイベントには、

《久しぶりにこの人の話題を聞いた気がする。年明けからぱったり見なくなった》
《彼女の声は全然合唱向きじゃないね》
《鬼滅の作品力が評価されてるのであって、この人はヒットに関係ない》
《数年後は『あの人は今』みないな感じのインタビューに答えてそう》

といった、言いがかりのような批判が。LiSAのことを《鬼滅におんぶにだっこの一発屋》などとこき下ろす人は増えてきている。

アンチが増えてもLiSAはノーダメ?

「LiSAはこれまで『Fate/Zero』や『ソードアート・オンライン』など、数々の人気アニメの主題歌を歌っており、決して一発屋のアニソン歌手とは言えないでしょう。しかし、それは〝アニメファンの常識〟であり、普段あまりアニメを見ない層の中には、『鬼滅の刃』でLiSAを知った人が多数。またメディアも〝鬼滅の刃のLiSA〟を過剰に取り上げてきたため、食傷気味になってしまった人が増えているように思えます」(芸能記者)

少し前から〝キメハラ〟という言葉が世間で広く使われているように、人気の押し付けを嫌う人は少なくない。LiSA本人にはほとんど非が無いのだが、『鬼滅の刃』の過剰なプッシュに巻き込まれる形で、知名度と引き換えにアンチを増やしているようだ。

とはいえ、いくら一般層のアンチが増えたところで、彼女のアニソン界での地位は揺るがないだろう。『鬼滅の刃』ブームが落ち着いても、また新たな人気作品で主題歌を歌ってくれるに違いない。

【あわせて読みたい】