ファンモン“復活”も空気がヤバい…「仲悪いの丸わかり」今週の芸能ニュースTOP10

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(3/18配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 ファンモン『音楽の日』で“復活”も空気がヤバい…「仲悪いの丸わかり」 172pt.

ファンモン『音楽の日』で“復活”も空気がヤバい…「仲悪いの丸わかり」

2位 『さんま御殿』人気ユーチューバーを公開処刑?「素人感まるだし」 115pt.

『さんま御殿』人気ユーチューバーを公開処刑?「素人感まるだし」

3位 『あさイチ』博多大吉がスタッフにマジギレ!?“薄ら笑い”の失礼行為に… 113pt.

『あさイチ』博多大吉がスタッフにマジギレ!?“薄ら笑い”の失礼行為に…

4位 『ロンハー』有吉弘行に“後輩芸人”がブチギレ!?「調子にのりすぎ」 108pt.

『ロンハー』有吉弘行に“後輩芸人”がブチギレ!?「調子にのりすぎ」

5位 『めちゃイケ』の闇…? 三ちゃんの“悲惨な現在”に「人生狂わされたな」 99pt.

『めちゃイケ』の闇…? 三ちゃんの“悲惨な現在”に「人生狂わされたな」

6位 ウエンツ瑛士が事実上のクビに…日本テレビの“非情な改編”が話題 94pt.

ウエンツ瑛士が事実上のクビに…日本テレビの“非情な改編”が話題

7位 工藤静香“10代の頃の映像”に若者たちが驚き「絶対ファンになってた」 82pt.

工藤静香“10代の頃の映像”に若者たちが驚き「絶対ファンになってた」

8位 浜崎あゆみ“私服デート写真”に驚き「3度見くらいしちゃう」 79pt.

浜崎あゆみ“私服デート写真”に驚き「3度見くらいしちゃう」

9位 広瀬すずの“好きな芸人”に驚き「番狂わせ」「屈辱だろう」 70pt.

広瀬すずの“好きな芸人”に驚き「番狂わせ」「屈辱だろう」

10位 金ロー『Fukushima 50』に酷評「デキが悪すぎ」「感動の押し付け」 69pt.

金ロー『Fukushima 50』に酷評「デキが悪すぎ」「感動の押し付け」

ユーチューバーたちの実力に失笑の声…

今週1番話題になったのは、「ファンモン」こと『FUNKY MONKEY BABYS』にまつわる話題です。

2013年に解散した「ファンモン」ですが、3月11日放送の『音楽の日』(TBS系)で一夜限りの再結成。歌う前には、事前に収録されたインタビューで「3人で映るのは解散してから初めて」などと意気込みを語っていました。

インタビュー時の立ち位置は、真ん中にDJケミカルが入るいつものポジション。ボーカル2人には必然的に距離が空いていますが、そもそもこの2人、インタビュー中に全く目を合わせようとしないのです。

ケミカルに対して言葉を向けることはあっても、2人が直に言葉を交わし合う場面はナシ。ファンキー加藤にいたっては、モン吉がカメラに語りかける間、足を開いて腕を組み、下を向いたり壁の方を見つめたり、興味のなさそうな態度が目立っていました。

中継先に映像が移ると、今度はモン吉が正面をじっと見つめ、横の2人を全く見ようとせず。インタビューでは「3人揃うと不思議な力がある」と語っていましたが、その言葉とは裏腹に、ビジネスライクな態度が目立ました。このぎこちなさに対し、ネット上には

《ファンモン仲悪いの丸わかりやんw》
《やはりファンモン違和感あるな。ボーカル2人仲悪い?》
《いや、ファンモンなんか仲悪そうでわらた 久々の復活なのに爆笑》
《ファンモンの右の人と左の人って仲悪いの!? お互いが話してる間そっぽ向いてる》
《ファンモン、テレビ越しでも加藤とモン吉の仲の悪さが伝わってくるな》

といった声が続出していました。

この放送から5日後、ファンキー加藤とモン吉は、『FUNKY MONKEY BΛBY’S』として活動再開することを発表。一夜限りの再結成を反故にしたことで、ネット上にはブーイングと冷笑の声があがっていました。「ビジネス仲直り」と揶揄されていましたが、今後はどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

続いての話題は、3月9日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演したユーチューバーたちにまつわる記事です。

この日は「知らなきゃヤバい!? ティーンのカリスマたちが大集合」をテーマにトークを展開。カップルのユーチューバー『ヴァンゆん』のヴァンビと、TikTokでも人気を博す兄妹のユーチューバー『中町兄妹』の妹・中町綾が出演しました。

中町はオープニングトークで自己紹介を求められましたが、「YouTubeをやらせていただいてます、一応」「(登録者数が)もうすぐ70万人ぐらいいきます」と無味乾燥なものに。「オジサン・オバサン世代に言いたいこと」という話題でも、「『最近恋愛してるの?』みたいに聞いてきて、『私が若い頃はホント遊んでて~』みたいなこと言って来ると、いや、お前誰?ってなるんですよ」と、聞いたことがあるような定番の「ウザい大人」エピソードを述べる。

一方のみちょぱは、「紙の台本なのに、2本指でズームしようとしてる人がいて」と驚きのオジサンを明かし、その話題の流れで「私のお母さんも、(スマホの)指紋認証とかタッチが反応しなくなったとか言って…」と巧みなトークを展開。盛り上がりを感じたのか、ヴァンビは「カサカサで反応しなくなってんじゃないすか?」と割って入りましたが、流れを乱すような横槍に、司会の明石家さんまから「ちゃうわ」と真顔で注意を受けてしまいます。

同じ若者代表でも、ユーチューバーたちは、バラエティー女王として君臨するみちょぱに格の違いを見せつけられ、しゃべりが本職である『ぼる塾』『かまいたち』の足元にも及びません。こうしたシーンの連続に、視聴者からは

《ユーチューバー、結局タレントに持っていかれる。TVでは素人感まるだし、自分のフィールドで生きろ》
《ユーチューバーって結局テレビに出ると喋りも素人だし顔も素人だな レベル低いわ》
《ユーチューバーは大人しくネットに籠ったまま方がいいのかもな 結局テレビの真似事をする芸能人のなり損ね。トーク力なくて絶望的につまらない》
《さんま御殿見てて思うのは芸人って凄いなって思うよ みちょぱもわけわかんユーチューバーとかインフルエンサーとかとはレベルが違う》

などの声が続出してしまいました。さながら、見た目ではなくトークの〝公開処刑〟となってしまったようですね。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。

【あわせて読みたい】