渡辺直美“オリンピッグ騒動”に言及! 世界レベルの対応力に称賛の声

渡辺直美 

(C)まいじつ 

タレントの渡辺直美が3月18日、所属事務所の『吉本興業』の公式ホームページを通じて〝容姿侮辱問題〟についてコメントを発表し、話題になっている。

渡辺はホームページで、東京オリンピック・パラリンピック開閉会式の企画演出統括を務めるクリエーティブディレクター・佐々木宏氏が、渡辺の容姿を侮辱するような内容の演出を提案していたことについて言及した。

報道内容については、《コロナの影響でオリンピックも延期となり、依頼も一度白紙になったと聞いておりました。それ以降は何も知らされておらず、最初に聞いていた演出とは違うこの様な報道を受けて、私自身正直驚いております》と、明かしている。

続けて、《表に出る立場の渡辺直美として、体が大きいと言われる事も事実ですし、見た目を揶揄されることも重々理解した上でお仕事をさせていただいております。実際、私自身はこの体型で幸せです。なので今まで通り、太っている事だけにこだわらず『渡辺直美』として表現していきたい所存でございます》とした。

一連の出来事を報じた『週刊文春』によると、佐々木氏は昨年3月、五輪開会式の演出メンバーに送信したLINEで、渡辺にブタの仮装をさせ、〝オリンピッグ〟として登場させるアイデアを披露していたという。

そもそも炎上するような話じゃない?

渡辺のコメントにネット上では、

《この状況でコメントを出せるのも、渡辺直美が世界的に活躍できている証拠。今の時代で自分の一番いい立ち位置を明白に把握してて、すごく賢明ですね》
《彼女が大人の対応をしてくれて良かったけど、ますます佐々木氏や組織委員会のお粗末さが目立つね。こちらもギャップが渡辺直美を引き立たている》
《彼女の表現力は世界にも通用するレベル。でも、コメントの匙加減、非常に頭を悩ませたと思うのに素晴らしい》
《直美ちゃんの素敵なコメントが引き出せてよかった。神対応。対して佐々木さんは世界に向けてもほんとうに恥ずかしい》

などと、賞賛する声があがっている。一方で、演出プランはあくまでも提案で、具体的に進行していたわけではないことから

《不適切な演出そのものを肯定する気はないけど、世間の反応には少し違和感を覚えるな。ここまで大騒ぎすることか?》
《冗談レベルで発言したのが炎上した感じかな。でも冗談も公開炎上するような監視社会みたいのは嫌だね》
《リークした奴が一番の悪人。悪口を公にしてさ、渡辺直美の気持ちなんか一切考えてないでしょ》
《渡辺もコメントに苦慮してるのが見て取れる。内輪の話も外部に漏れて辞任に追い込まれ、国際的にも問題になる日本…終わってるな》

などと、「大騒ぎしすぎ」という声も聞こえてくる。渡辺は自身でブタに扮してコントをしたこともあり、そもそも太っていることを笑いに変えてきたタレントといってもいい。

身内だけで話した内容がリークされ、佐々木氏が辞任するという実際の人事に関わった今回の騒動。一番の問題は、オリンピック・パラリンピックの組織構造にあるのかもしれない。

【あわせて読みたい】