菅田将暉と小松菜奈にゲス質問!『日本アカデミー賞』司会に絶句「キモすぎ」

菅田将暉 

(C)まいじつ 

3月19日に開催された『第44回 日本アカデミー賞授賞式』。日本テレビ系でその様子が放送されたのだが、司会の羽鳥慎一が菅田将暉と小松菜奈に〝ある質問〟を繰り出し、視聴者からため息が漏れていた。

映画『糸』に出演した小松は優秀主演女優に選ばれ、羽鳥のいる壇上へ上がることに。そこで小松は同映画の〝かつ丼を食べるシーン〟について振り返る。すると羽鳥は前触れもなく、「菅田さんはこのシーン御覧なっていかがでしたか?」と質問。菅田は少し驚きながら「泣きました」と答えたが、羽鳥は「それはどういった感情からでしょうか?」としつこく聞き返す。

そして菅田が小松の演技を絶賛すると、羽鳥は彼女へ「ということですけども?」と反応を伺い、さらに菅田の印象に関しても質問。そこで小松から送られた絶賛の言葉に、菅田が「ありがとうございます!」と感謝の気持ちを述べたものの、羽鳥は何かを欲しがるように「以上?」と言い放つのだった。

授賞式らしからぬ失礼な態度?

ちょうど1年ほど前に熱愛疑惑が報じられた菅田と小松。それを踏まえた羽鳥の質問ラッシュに視聴者はドン引き。ネット上には、

《2人のプライベート邪魔したくないし、名誉ある賞を授与する場であれはないな。周りの方々にも失礼すぎ》
《バラエティーノリ持ち込んで、映画そのものに対する敬意が感じられなかった》
《すごく素敵な授賞式だったのに、2人が週刊誌みたいな質問ばっかりされててなんかやだな》
《2人の関係性とかお互いどう思ってるとか、そういう話題にするためだけの質問キモすぎた》
《引き出したいワードがあるのがわかりやすい》
《羽鳥、2人を絡ませようと必死すぎてキモかった。アレはだるい》

などの反響が相次いでいる。

「今回の受賞式では、菅田と小松が同じ指輪をしているという疑惑も浮上しました。しかし菅田は、3月15日放送のラジオ『菅田将暉のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、授賞式へ指輪をつけていく可能性があることを公表。リスナーたちは《ラジオの公約果たしたのやばい!》と歓喜の声をあげていました。さすがに授賞式という名誉ある場ではニオわせはしないようですね」(芸能ライター)

誰かから質問するように指示されたのかもしれないが、羽鳥には授賞式とワイドショーの違いを教えることから始めるべきだろう。

【あわせて読みたい】