つるの剛士がツイッターで“意味深”発言! 某特撮の出演カットが理由?

つるの剛士 

(C)まいじつ 

タレント・つるの剛士が3月20日、自身のツイッターを更新。胸の内を吐露した〝意味深ツイート〟が話題になっている。

この日、つるのは《全国の皆様おはようございます。 ふじさわ観光親善大使より今朝の #藤沢 情報をお届けいたします #つるぶ藤沢》と、自身が観光親善大使を務める藤沢の情報をツイート。そして、その直後に《人生で一番辛いことは信じていたものに裏切られること》と投稿していた。

該当のツイートは現在削除されているものの、フォロワーからは

《どうしたの…つるちゃん。何かありましたか?》
《大丈夫ですか? 早く元気になるといいですね》
《普段はポジティブなのに心配です。また早く皆さんに笑顔を見せていただきたいです》

などと、心配するコメントが相次いでいる。

つるの剛士の“迷走”に呆れ声

一方で、具体的な内容は明かしていなかったことから、

《かまってちゃん発動? ふじさわ観光大使ツイートのあとにするツイート内容じゃないでしょ》
《ぼやかして言って人に心配してほしくて仕方ないんだろうね。裏切られたなんて公言して同情されてもミジメなだけな気がする》
《こういう人ってなんなんだろうね? 心配して欲しいのか、裏切った人にダメージ与えたいのか。子どもいくつか知らんけど見てるんじゃないの?》
《この前は娘に対して「あぁ娘よ、いつまでパパと一緒にいてくれるの?」みたいなポエム発信してたよね。で、今回は何が目的?》

などと厳しい声があがっている。

「該当のツイートが消去された理由は、未だに明かされていません。しかし、一部では〝ある憶測〟が飛び交っています。つるのは、97年から98年にかけて放送された『ウルトラマンダイナ』のアスカ・シン役を熱演したことで、一躍有名になりました。ですが、今年1月から放送されているウルトラマンの総集編『ウルトラマン クロニクルZ ヒーローズオデッセイ』では、つるのが演じたシーンが大幅にカットされています。この件について、つるのは3月21日にツイッターを更新。《ウルクロZ、僕もいつも楽しみにしているし、沢山のちびっ子の皆さんにも観て欲しいのだけど、なぜ毎回アスカが登場しないのか…理由も不明、とても悲しいです。でも、ダイナの活躍を是非観てね!!》とツイートしていたことから、この説が濃厚なのではないでしょうか」(芸能記者)

些細な発言から、メディアのネタとなってしまったつるの。行き場のない感情を発散したかったのかもしれないが、今後はファンに心配をかけないよう心がけてほしいものだ。

【あわせて読みたい】