『ネプリーグ』特別編で“放送事故”?「編集ミス」「後で怒られるパターン」

(C)Andre Nery / Shutterstock 

3月22日放送の『ネプアップデートリーグ』(フジテレビ系)で、番組サイドによるミスが続けて起こったと、視聴者からの指摘が相次いでいる。

同番組は『ネプリーグ』(同系)の特別編。吉瀬美智子や坂口健太郎、北村一輝、ジャニーズJr.『Travis Japan』のメンバーらが出演した。

番組では、お題にぴったりの芸能人を当てるクイズコーナー「キャスティングコード」を展開。一万円札の肖像を有名人にするなら誰にするかを問うアンケートから、トップ5に入る人物を予想した。

5人のうち中央に座る『ぺこぱ』のシュウペイは、明石家さんまが入るのではと予想。番組サイドは10位から順番に正解発表した。

正解していないのに解答画面が赤ランプに

先に『ネプチューン』堀内健、「Travis Japan」の吉澤閑也がビートたけしと予想し、5位に入ってポイントを獲得。解答画面は白から赤に変わり、2人はガッツポーズを見せた。カメラは隣り合う2人をアップで映したが、このときに右隣のシュウペイの解答画面が赤に変わっているように見えた。

カメラが「引き」になると、シュウペイの解答画面は白に逆戻り。CMを挟んで、さんまが2位だと明かされ、シュウペイのポイント獲得が判明した。

ただ、視聴者にはCM前からシュウペイが「正解」したとネタバレしてしまったようだ。

《後撮りしたシーンを編集で途中に入れ込んでいるのが分かるやつ》
《ネプリーグさん… さんまさん正解の赤色点灯しちゃってネタバレになってたわよ》
《ネプリーグあれミスってね? さんまさんのところまで赤くなってたけど》
《あれれぇ? さんまさんも赤くなってたぞ。ネタバレじゃないよなぁ》
《ネプリーグ編集ミスだな 先にさんまさん赤くなってた》
《さんまさんが赤色になってましたよね。これは後で怒られるパターンですね》

ミスだらけの特別版。視聴者からの評判は散々なものだった。

【画像】

Andre Nery / Shutterstock

【あわせて読みたい】