浜辺美波と蜷川実花の“異色コラボ”が不評「素材が死んでる」「地雷っぽい」

浜辺美波 

(C)まいじつ 

女優・浜辺美波が3月27日発売のファッション雑誌『装苑』5月号に登場。〝ゴシック調のドレス姿〟を披露したのだが、ネット上では大不評を買っている。

同誌で浜辺は、写真家・映画監督の蜷川実花の連載企画『蜷川実花と未来の女の子たち』に出演。ゴシックでキュートな世界観に合わせて、4通りの独特なドレスを着こなし、カメラ目線ショットを収めている。

また、パステルピンクのアイシャドーで目の周りを囲むメークにも挑戦しており、アンニュイな表情も特徴的だ。

しかし、清楚なイメージを持つ浜辺とはかけ離れた姿に、違和感を覚えた人も多い様子。実際にネット上では、

《同姓同名がいるのかレベルに別人》
《浜辺美波の良さを全部ぶち壊したようにしか見えない》
《怪我人感あるな。帽子の紐がダサいし、メークも地雷っぽい》
《蜷川さんMVはいいのに、写真になるとなぜ素材が死ぬのか》
《浜辺美波はさすがに装苑のキャラじゃないでしょ…小松菜奈とかなら似合いそう》

などと、不評の嵐が巻き起こっている。

蜷川実花の“世界観”に合う人は限定的?

「浜辺は、ナチュラルな並行二重にスッとした鼻が特徴的で、凛とした印象。もっとも、顔のバランスが良いので薄づきメークが似合っているといった声が多いようです。しかし、昨年12月29日に放送された『ただ今、コント中。』(フジテレビ系)で豪快に〝ギャル〟を演じた際は、視聴者から《何をやっても美人》《清純派女優のギャル姿はだいたいコスプレ感がすごいけど、浜辺美波ちゃんはめっちゃハマってるし、かわいい》などと、大きな注目を集めていました。今回は蜷川の極彩色豊かな世界観が強調されすぎてしまったため、さすがの浜辺ともアンマッチだったようです」(女性誌ライター)

2019年には『世界で最も美しい顔100人』にノミネートされた浜辺。むやみやたらな挑戦はせず、パーツを活かした演出で勝負したほうが好感度上昇につながるようだ。

【あわせて読みたい】