『とくダネ』朝から“ド下ネタ”でお茶の間凍る!「最終回近いからって…」

小倉智昭

(C)まいじつ

3月23日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、朝の番組にふさわしくない言動があったと話題になった。

最終回まであと少しとなった同番組は今回、過去の人気企画、山下真司の「三面刑事」を復活させた。これは芸能人の手荷物を調査するもので、番組レギュラーの『メイプル超合金』カズレーザーがターゲットに。山下はカズレーザーの財布から、ドラッグストアのレシートを発見。しかもなんと5万円という超高額な買い物をしていることに目をつける。

購入品を問われたカズレーザーは、「バイアグラです」と自白。山下が「ウソだろ、36歳で?」と聞くが、カズレーザーは「最近…衰えがありますね。本当これ、一番恥ずかしいです」と答える。そしてこの様子を見ていたMCの小倉智昭は、「うらやましいよ、ちゃんとそういうの使えば、用が足せるんだから」とコメントするのだった。

朝から下ネタは日常茶飯事?

このシーンにネット上では

《とくダネ最終回近いからって、バイアグラの話はアカン(笑)》
《病院の待合室のテレビでバイアグラとか言うからめちゃくちゃ反応してしまった》
《とくだねが最終回に近づいて「バイアグラ」の話し始めて、いよいよ最終回はなにかあるかもと期待してきた》
《カズさん大好きなんだけど笑 朝のニュース番組でバイアグラの話して大丈夫か!?》
《もう叩かれても、捨てるものがない無敵の人だろ》
《気持ち悪いな。放送禁止局にしろよ》

など、最終回に近いことで『とくダネ』が暴走しているとの指摘が相次いでいる。

「『とくダネ』が下ネタをぶっこむことは、実はよくあること。昨年10月放送回でも、人気ロックバンド『サカナクション』のボーカル・山口一郎が明かした『群発頭痛』について特集していたところ、小倉は突然、『ハワイの親友がね、セッ○スをすると、本当に激しい痛みに襲われるって』『だから「お前、激しすぎんじゃないの?」って言ってた』と、笑いながらコメント。お茶の間を見事に凍らせていました」(芸能記者)

『とくダネ』が終了するのも納得だ!

【あわせて読みたい】