アニメ『ドラゴンボール』新作が2022年に!? フラグ立ちまくりで期待の声

(C)Dean Drobot / Shutterstock 

4月6日の深夜より、アニメ『ドラゴンボール改』(フジテレビ系)が再放送されると発表された。ネット上では、『ドラゴンボール』の新作アニメ発表フラグなのではないかと、期待の声があがっている。

今回放送が予定されているのは、『ドラゴンボール改』の「サイヤ人・フリーザ編」全54話。『ドラゴンボール改』は、アニメ『ドラゴンボールZ』の引き伸ばし部分などをカットして再編集したもので、2009年4月~11年3月にかけて「サイヤ人・フリーザ編、セル編」を放送。しばらく間を開けて、2014年4月~2015年6月に「魔人ブウ編」が放送された。

「当時、『魔人ブウ編』が終わった直後に、完全新作アニメ『ドラゴンボール超』(同系)の放送が始まりました。そのため、今回の『ドラゴンボール改』再放送が終わった後に、また新作アニメが放送されるのではないかと期待している人がいるようですね」(テレビ誌記者)

デジモンからのドラゴンボール!?

ネット上では今回の発表に対して、

《ドラゴンボール改、再放送って事はドラゴンボール超2期か新作映画来そう!》
《再放送アツい 終わったら続けて新作なんて流れも期待しちゃう》
《ドラゴンボール改再放送とか、これデジモン終わったらドラゴンボール新作フラグか?》
《新作フラグ立ったかもしれない》

といった声があがっている。

「『ドラゴンボール超』が以前放送されていた、フジテレビ系日曜朝9時枠では、現在『デジモンアドベンチャー』が放送されています。ストーリーを見る限り、改編期の3月に終わりそうにもないので、2021年度は引き続き『デジモン』、2022年度から『ドラゴンボール超』の新作と考えられそうですね」(同・記者)

『ドラゴンボール超』はアニメ終了後も漫画の連載が続いており、アニメ最終回の後の話が描かれている。『銀河パトロール囚人編』『生残者グラノラ編』と原作のストックが少しずつ溜まりつつあるので、2022年に新作開始はベストタイミング。続報に期待だ!

【画像】

Dean Drobot / Shutterstock

【あわせて読みたい】