宮迫vs千原ジュニアの対談に恐怖…仲悪すぎで「距離感ある」

宮迫博之 

(C)まいじつ 

3月21日、宮迫博之のYouTubeチャンネルに、『千原兄弟』の千原ジュニアが登場。長年の仲から本音トークを展開したが、視聴者はむしろ不仲に感じたようだ。

動画のタイトルは『【犬猿の仲】千原ジュニアとの間に起きた数々の揉め事について検証トークしました』。2人はこれまで不仲報道が頻出していたが、宮迫いわく、不仲というほどではないという。しかし、「殴り合いをしたとかではない」というだけで、「揉めたことは結構ある」「一番揉めた」との証言も飛び出した。

若手時代から付き合いの長い2人だが、今回はおよそ2年ぶりと久しぶりの再会。また、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)以外では共演機会もさほどなかったそうで、冒頭には「ジュニアと話すって緊張するよね。なんか感覚が違うというか」と緊張をあらわにしていた。よほど緊張していたのか、おなじみの「宮迫です!」を噛んでしまう宮迫。過去の振り返りでも、「そんなに仲良くはない」など、普段からあまり会話をすることがない微妙な仲が語られていく。

他にも、宮迫は「結局、ジュニアって仲良くもないし(悪くもない)」など、微妙な関係性を正直に告白。しかし、闇営業事件で吉本を追われた、現在の所属芸人と共演しづらい空気の中でオファーを受けたジュニアには、感謝を示す場面もあった。

犬猿の仲を否定するもぎこちない対談…

この点に関しては罪悪感を抱いていたようで、複雑な心境や「話したいことはすごくあってさ…」とのしみじみとした思いを語る宮迫。一方、ジュニアは「何で俺が呼ばれたんやろなぁ、とは」と語るなど、終始微妙な空気が流れていた。

本人も公言するように、不仲ではないが、決して仲良くもないことをうかがわせたこの対談。視聴者からは

《大人だから喧嘩はしないけど、思ったよりバチバチで笑う》
《距離感あるな~ 仲良くはない大人の関係が滲み出ている》
《犬猿の仲とか仲良くないっていうより、根本的に相性が悪いんだろうなって感じがする》
《お互い変なわだかまりがあるなら、絶対その場で言ったほうがいいだろうと言う事を言わずになんだかんだでここまで来た感じがしました。なかなかスムーズに言い合える関係性がなかったんですかね》
《ジュニア、一切 心開いてなくて草》
《仲良くはないってハッキリ言えるのはいいね。かすかにわだかまりが残ってそう。揉めたことを細かく覚えてるなんて》

など、微妙なコメントが寄せられた。

熟年夫婦のように、不仲でも共に過ごせる妙な関係なのだろうか。

【あわせて読みたい】