【えっ?】和田アキ子「何で私がご意見番?」発言にリスナー呆然

(C)まいじつ

和田アキ子がパーソナリティーを務めるラジオ番組『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)の7月22日にあった放送で、「何でわたしが“ご意見番”と言われているのか分からない」と発言し。物議を醸している。

「この発言はあっという間にインターネットで広まり、非難が殺到しました。《分からないと発言すること自体、分からない》と呆れられています」(ネットライター)

同番組では、タレントの勝俣州和が別のラジオ番組で、「和田アキ子は“タレント・和田アキ子”を演じている。厳しい意見を言わなければいけないこともあるけれど、本当は優しい心の持ち主。そのギャップに悩み、泣いていることもある」と言っていたというリスナーの投稿が紹介されていた。

和田と勝俣は、日曜日の昼に生放送されているバラエティー番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)で共演中だ。

「和田が発言すると、勝俣は何でも大声で持ち上げるのがひとつのパターンになっています。勝俣は『和田で食っている』と陰口をたたかれるほど、和田と親密な関係です。仲がいいというよりも、まるで主人と下僕のように見えます」(芸能プロダクション関係者)

 

和田に対して「意見」ができなくなった経緯

その和田は、なぜ「自分はご意見番ではない」と否定する発言をしたのだろうか。

「アッコにおまかせでは、スポーツ紙をボードに貼り付け、芸能人のスキャンダルを当事者不在で批判します。これが“ご意見番”でないのならば、“暴君”じゃないですか」(同・関係者)

過去に、『週刊文春』誌上で、和田の叔父に当たるという元金融業者の人物がインタビューに応じたことがあった。その記事中で、金福子(和田)がこの“叔父の威”を利用して活動していることや、不義理なことにしたので“絶縁状”を送ったことが明かされている。

「和田の叔父は漫画『ミナミの帝王』のモデルになった人物とされ、闇の世界の大物です。和田もその人物との関係も吹聴していました。だから、いつしか誰も和田には強い物言いができない状態になったのです。正確には和田はご意見番ではなく“強面”そのものだということです」(週刊誌記者)

“ゴッドねーちゃん”和田アキ子は、自分の恫喝暴言が全然分かっていないようだ。

 

【あわせて読みたい】

ローラとダレノガレ明美が「一触即発」絶縁状態へ

「アッコにおまかせ」明らかなホリプロへの「忖度」に批判殺到

※ 「時代遅れで不愉快」高校生タバコ吸いすぎドラマにクレーム殺到

※ 作り話連発?「信用できないコメンテーター」堂々1位は…

※ 夏目三久の「ある1枚の写真」が物議を醸す事態に