ウエンツ瑛士“レギュラー番組クビ”に弱音も「自分勝手すぎる」と批判

ウエンツ瑛士 

(C)まいじつ 

3月23日、バラエティー番組『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の最終回が放送された。MCのウエンツ瑛士が漏らした弱音に、「自業自得だろ」と厳しい声が寄せられている。

『火曜サプライズ』にはウエンツ、山瀬まみらがレギュラー出演。18年9月からイギリス留学のためにウエンツが抜けると、その穴を埋めるためにヒロミがレギュラーに。その後、ウエンツが帰国してからもヒロミはレギュラーとして出演し続けていた。

そして『火曜サプライズ』終了に伴い、ヒロミがMCを務める『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』がスタートすることがわかっている。

12年間続いた『火曜サプライズ』が終わることに、ウエンツはショックを感じたと今回の番組内で吐露。さらに「ふとした瞬間にもう(自分は)必要ないのかな?って浮かぶのが消えない」と弱音を明かす。そして後番組でMCを務めるヒロミに対して「やったな! 次、必要とされているもん」と、素直に羨ましがっていた。

ウエンツの不義理にヒロミも呆れ

しかし、こうしたウエンツの言葉に、ネット上では

《演劇の勉強すると言って、突然MCを投げ出してイギリスに行ったのに、早々と突然戻ってきて、番組終了となったら、自分は必要とされてないって涙って、芸能人はこのぐらい自己中でないとやっていけない商売なのか》
《勝手に留学して一年や二年そこらで帰って来て、番組にさも当たり前のように復帰する。視聴者からは受け入れられないでしょう》
《自身がメインの番組切って留学して、また出戻り。演技の勉強でそういう行動をしたのならば、その世界に専念すべきでは?》
《自分のわがままで一旦辞めた番組なんだから、ずっと出られるとか考えるのは勝手すぎるよね》
《仕方ないね、フツーの企業でも年単位で自己都合でアナ空けられたら「自分優先か」と信頼関係は無い》

と辛辣な声が多く寄せられている。

「ウエンツの身勝手すぎる態度は有名。ヒロミはウエンツが留学から帰国する際に、『仕事関係者に連絡をしなさい』とアドバイスしていたのですが、それを無視していたようなのです。『ダウンタウン』松本人志や中居正広などの大物に対しても、共演する10分前に帰国を報告するほどの適当さで、ヒロミは呆れていましたね」(芸能記者)

ウエンツからヒロミにMCが変わったのは、当然としか言えないだろう。

【あわせて読みたい】