松田優作の長女・ゆう姫“女優デビュー”! 33歳での挑戦に疑問の声

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

俳優の故・松田優作さんと女優・松田美由紀の長女で、アーティストの松田ゆう姫。彼女が、4月期ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)で女優デビューすることが3月24日に発表され、批判の声があがっている。

松田はスポーツ紙のインタビューに、《恐る恐る、未知の世界に足を踏み入れる感覚です。温度の分からない風呂に足を入れるような。緊張したり楽しそうと思ったり、今は、それが波打っています》と心情を吐露。さらに、《お話をいただき、やらない手はないと思いました。新しいことを始めるのは恐怖で不安だけど、心境の変化を楽しめる気がする。素晴らしいキャストとご一緒できることが夢のようで、うれしい気持ちと信じられない気持ちでいっぱい。この作品と共に、私にとって新しいことが始まることに、とても高揚しています》と、意気込みを語っている。

松田は優作さん、美由紀、長兄・龍平、次兄・翔太という俳優一家で育ったが、自身は演技未経験。いきなりドラマに出演することについて、ネット上では、

《また、二世タレントかぁ。演技がうまければいいけど、初めてで連ドラって本当に大丈夫なのかな》
《龍平は演技上手だけど、翔太は大根。果たして妹はどうなのかな? それにしても清々しいほど親の七光りだな》
《過去2回テレビに出てるの観たけど、親の七光りで自由奔放に何不自由なく好きに生きてる感丸出しで、気に食わん》
《この子テレビで前に見たときは、出てきちゃいけないくらいやる気が無かった。ちょっと勘違いが過ぎない? と思った》
《見る前から大根なのがわかる。真面目にオーデション受けてる女優さんからしたらイラつくんだろうね》

などと、早くも二世タレントの〝ゴリ押し〟を疑うファンが続出している。

制作も“視聴率稼ぎ”に必死?

彼女自身も〝二世タレント〟といわれることに自覚はあるようで、《うちの家族は有名だったけど、クラスに魚屋さんの息子がいたら、『魚屋の誰々がー』『あそこの魚屋のー』と言われているのと似た感覚です。二世だからどうっていうのは、あまりないですね》と、気にしていない様子を見せていた。

しかし一方で、ネット上には

《結局、実力よりも話題性を重視しないと視聴率とれないって事なのかね。そんなんだから番組の質が落ちていく。これからテレビ離れはどんどん進んでいくと思う》
《ご両親のバックボーンがあってこその女優デビューですね。それを利用して生かすも殺すも本人次第だと思うけど、こういった話題が先行する事がドラマ単体で見た時にあまり良い事だと思わないし、ドラマ自体の質が良い物になるか不安になる》
《今の政界も二世だらけ、芸能界も、一般社会も実際そうなんだろな。「コネとか二世社会が堕落世界を築いたかも?」と感じてしまう》

などと、制作側に対する疑問の声もあがっている。

菅田将暉が主演するとあって、ファンからの期待も高い新作ドラマ。しかし、もし低視聴率にあえぐようなことにでもなれば、原因の矛先が松田に向くのは否めない。視聴者を唸らせるような演技力を見せてもらいたいものだが…。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】