「セシルのもくろみ」視聴率不振で真木よう子が「空回り」

(C)まいじつ

7月20日放送の真木よう子が主演する連続ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の第2話視聴率(関東地区)は、4.5%で第1話よりさらに0.6%下がってしまった。この現実は関係者に衝撃を与えている。

「このまま下がり続ければ、スポンサーが黙っていません。確実に打ち切りの話が持ち上がってきます。このドラマは、ファッション雑誌の読者モデルがどう生活しているかを生々しく描くにあたり、相当なリサーチを重ねてきました。そのため、視聴率は沢尻エリカの主演した2014年のドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)を超えるかもしれないという期待があったのです」(芸能関係者)

同ドラマの第1話は平均視聴率5.1%で、真木が自らのツイッターに次のように投稿していた。

強気な姿勢だが、第2話目で視聴率が下がった事実の前には、何だか空回りしている印象だ。

同ドラマは唯川恵さんの同名小説を原作に、ファッション業界を舞台に嫉妬や陰謀が渦巻く女性たちのリアルな物語を描く作品。リリー・フランキーのダンディーな編集長役や、モデル役の吉瀬美智子のスマートなファッションなど、見所が随所にある割には、現在まで視聴率に結び付かないままだ。

真木が演じるのは、優しい夫と優秀な息子と幸せに暮らす専業主婦の奈央で、モデルには友人に誘われ軽い気持ちで応募。女性誌『ヴァニティ』の読者モデルに合格したことから、徐々に生活が変っていくというストーリーで、ファッションに疎く粗雑な性格の主婦が、艶やかなモデル業界でどうのし上がっていくかが楽しめるポイントだ。

「真木の演技は肩に力が入っており、まるで演劇のようです。もはや必死を通り超えて滑稽だという声がSNSでも散見できます。指摘されていますが、真木はモデルと言うには痩せ過ぎで、鍛えた腹筋をここぞというところで見せていますが、格闘家ではないのだからもっと艶っぽいボディーに仕上げないといけませんでした。コンビを組むライター役の伊藤歩の方がよっぽどモデルっぽいです」(テレビ雑誌ライター)

いっそのこと、伊藤をメインにした物語にシフトさせ、別の意味で“伝説のドラマ”を目指すのも面白いかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

※ ローラとダレノガレ明美が「一触即発」絶縁状態へ

※ 「アッコにおまかせ」明らかなホリプロへの「忖度」に批判殺到

※ 「時代遅れで不愉快」高校生タバコ吸いすぎドラマにクレーム殺到

※ 作り話連発?「信用できないコメンテーター」堂々1位は…

※ 夏目三久の「ある1枚の写真」が物議を醸す事態に