『めざましテレビ』DJ松永が不適切発言!「ヤバくない?」「耳を疑った」

(C)Kues / Shutterstock 

近年人気を博しているヒップホップユニット『Creepy Nuts』のDJ松永が、3月24日の『めざましテレビ』(フジテレビ系)に出演。不適切な発言をし、視聴者の間で物議を醸している。

エンタメコーナーのプレゼンターとして、3月水曜日限定でレギュラーを務めている松永。問題の発言は、終盤に放送される人気コーナー『今日のわんこ』で飛び出した。この日紹介されたのは、2018年に放送された、1歳になる雑種のオス犬・タスクくん。彼は生まれて間もない頃に2度も飼育放棄に遭った悲運の犬で、生後3カ月半の頃、保護団体にいたところを引き取られたのだという。

そんなタスクくんが散歩の際に必ず立ち寄るというのが、散歩コースの途中にあるゴミ捨て場のネット。タスクくんはなぜだかこのネットが大好きで、自身の体をネットにこすりつける癖がある。実際の散歩映像でも、気持ちよさそうに仰向けでネットの上を転がるタスクくん。なんとも無邪気でかわいらしい光景に、VTR明けのスタジオは笑顔に包まれた。

犬好き視聴者は怒りをあらわに

しかし、コメントを求められた松永は、「ちょっとこれはねぇ…」とヘラヘラ笑いながら発言。続いて、「はたから見てると〝動くゴミ〟だなぁと!」と、ネットにじゃれつく犬がゴミに見えると指摘した。共演者から笑いが沸くと、MCの永島優美アナウンサーは必死にフォロー。しかし、松永は「(ゴミだと)勘違いする人が…」「いいんですかねぇ? 他にもあると思うんですけど」と続け、小馬鹿にしたような空気でCMへ移ったのだった。

この発言と態度に、犬好きの視聴者は怒りをあらわにする。ネット上には

《動くゴミはヤバくない?》
《人様の家のわんこに対して「動くゴミ」とか言ってて耳を疑ったんだが》
《朝から人の犬を動くゴミて言っちゃう松永ヤバいだろ 人格異常者か?》
《自分のかわいい家族を動くゴミ発言はない あんなん家族さんみたらネタで笑いながらやったとしても絶対嫌》
《人格異常者だな。飼い主がかわいそう》
《ありえないでしょ、ゴミって表現はおかしいでしょ》
《よそ様の犬を動くゴミとか、DJだか何だか知らないけど腹立った》

など、松永を問題視する声が噴出した。

徳川綱吉の時代なら、斬り殺されてもおかしくないこの発言。批判を浴びたくらいで済んだのは、不幸中の幸いだっただろう。

【画像】

Kues / Shutterstock

【あわせて読みたい】