『東大王』スター不在で非情な決断! 番組発表にファン怒り「もう見ない」

伊沢拓司 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

3月24日放送の『東大王』(TBS系)をもって、番組を支えてきた超人気美人東大生・鈴木光が卒業した。彼女の卒業により、スター不在となった同番組が打ち出した新たな施策に、番組ファンからは否定的な声があがっている。

番組では、鈴木と〝ジャスコ〟こと林輝幸の卒業を大々的に特集。2人が別れの言葉を述べたのち、MCのヒロミが「東大王をいったん、白紙に戻します」と宣言した。どうやら、現在レギュラー出演している東大生メンバーを選抜しなおすようで、東大生の鶴崎修功は「卒業しておけばよかった」と苦笑いを浮かべていた。

スターを見つけられなかった『東大王』の1年

この番組の決断に、ネット上では

《東大王白紙になるのは考えてはいたけどさ…辛い…》
《東大王メンバー白紙に戻すなら、是非是非、芸能人チームもリセットしてください。富永美樹、オセロだけドヤ顔のおっさんはいらないです》
《今のメンバー好きなんだけどなぁ。 少しづつ変わってくなら全然いいけど、半分以上知らないメンバーみたいな感じになったらもう見ない》
《東大王白紙に戻すって、鶴崎ファンの俺にとってはきついぞ》
《一旦白紙に戻すっていうのがさ…鶴崎くんと砂川くんかわいそうじゃない? 今まで頑張ってきた候補生のみんな含めたメンバーがほとんど入れ替えになったりしたら悲しすぎる》
《東大王次のやり方意味わからんなぁ 鶴崎さん砂川さんの2人かわいそうすぎへんか…?? 砂川さんにいたってはやっと正規メンバーになったのに白紙とか…》

といったブーイングが起こっている。

「東大王はこれまでに伊沢拓司の卒業、水上颯の卒業など人気メンバーの離脱がありましたが、最後の砦・鈴木光がいたことで人気を保ってきました。また、鈴木の卒業は以前から決まっていたので、この一年、番組は後釜として新スターを発掘しようと奮闘していました。しかし、鈴木ほどのスターを見つけられなかったため、全てを改める決断が下されたのでしょう」(芸能記者)

次のスターが生まれるかどうかに、番組の存続もかかっているだろう。

【あわせて読みたい】